読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちはやふる 中学生編(2) (BE LOVE KC)

ちはやふる 中学生編(2) (BE LOVE KC)

ちはやふる 中学生編(2) (BE LOVE KC)

作家
遠田おと
末次由紀
時海結以
出版社
講談社
発売日
2018-08-09
ISBN
9784065124932
amazonで購入する Kindle版を購入する

ちはやふる 中学生編(2) (BE LOVE KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

緋莢

前半は新の話。共に祖父にカルタの指導を受ける新。かつての好敵手の死に強いショックを受けた祖父が2度目の脳溢血を起こし、さらには新に「あんた どちらさんかの・・・」と言うように・・・迷い、悩みながらもかるたを続け、その道は決して平坦ではなかったですが、してきた努力の成果は現れた。十首ラストの新の祖父への言葉に目頭が熱くなりました。後半はクイーン・詩暢の中学生時代の話。この頃から、不器用で、上手く想いを伝えられず、強い言葉ばかり出てしまう。せっかく出来た友人も・・・どうなるかが気になります。

2018/09/01

MAYU

★★★★

2018/08/09

Sayaka Sasaki

今度は新としのぶちゃんの中学生時代。この時代にはみんなそれぞれいい友達がいるようです。

2019/09/26

りぷれ@灯れ松明の火

新と詩暢ちゃんの中学生時代のエピソード。新のほうは、いくら大好きなじいちゃんとはいえ、中学生に介護は精神的に辛いだろうなあ…。詩暢ちゃんは、中学生の頃は友達と呼べそうな子がいたことにホッとする。派手な感じだけど、友達を大事にするとてもいい子。でも現在は付き合いがなさそうなので、ちょっと不安だな。詩暢ちゃんがスノー丸を知ったのが、友達からだったのはびっくり。

2019/12/16

capeta

眼鏡君とクイーンの過去話。クイーンはツンツンしてるなぁ。

2019/04/08

感想・レビューをもっと見る