読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕の昭和史 (講談社文芸文庫)

僕の昭和史 (講談社文芸文庫)

僕の昭和史 (講談社文芸文庫)

作家
安岡章太郎
加藤典洋
出版社
講談社
発売日
2018-08-12
ISBN
9784065126752
amazonで購入する Kindle版を購入する

僕の昭和史 (講談社文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

ものすごく良い仕事をしてくださっていたのだなぁ、と読み始めてすぐ思った。軽妙な文章のなかに、戦争期に自己形成をしなければならなかったご自身の思いを詰め込んでいる。戦中戦後にかけ、戦争に対してシラケたりぽっかりと穴が開いたような気分を持て余していたような描写はフィクションと思えない。このような時代だったのだろうと深く納得した。戦前と戦後、また日本とアメリカの比較文化論的な意味合いもあり、この時代に興味がある方なら必読の文献ではないかと思われる。読み物としてもとても面白かった。

2018/11/09

たぴ

800ページ近い大著。一人称の安岡章太郎「僕」の目を通して、一つの激動の時代を体験する。そこに映るのは、大きな出来事に共振する「僕」ではなく、具体的なディティールに根ざした彼自身の「別世界」であり、おかしなアイロニーであり、優しくナンセンスなユーモアであった。戦後の太宰評や文化革命期の三島評などは、その冷静な洞察眼が光る一方で、なんだかカッコいい吉行淳之介や、狂気を笑いに包み隠した遠藤周作とのやりとりは、読んでいて微笑ましかった。

2020/08/14

感想・レビューをもっと見る