読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大正地獄浪漫 1 (星海社FICTIONS)

大正地獄浪漫 1 (星海社FICTIONS)

大正地獄浪漫 1 (星海社FICTIONS)

作家
一田和樹
江口夏実
出版社
星海社
発売日
2018-08-11
ISBN
9784065127292
amazonで購入する

大正地獄浪漫 1 (星海社FICTIONS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

九月猫

大正という時代設定と表紙絵で手に取ったら、“浪漫”より“地獄”のほう寄り。読み始めは、マイルドにしてアニメにすると面白いかもーと思ってたんだけど、どんどん猟奇的になってきて、うん映像化はダメだな。特高の中の秘密組織「特殊脳犯罪対策班ゲヒルン」。異様な事件の対策のために集められた班員たちはそれぞれ異能の持ち主。無邪気な少年にしか見えないアラサーの猟奇殺人鬼や、最強武道家の女学生や、彼女が統べる女給兵団や。自称地味な主人公の能力は計算と記憶能力。だけどどうやらそれだけではないような。次巻へ。

2019/03/23

マサキ@灯れ松明の火

今年の読み納めです♪濃いキャラのオンパレードですね(笑)最大の悪役は…あの人ですか!?眼鏡屋さん…あなたも苦労が尽きないですね(;^_^A続編、既に手元にあるので、気になりますね!

2018/12/31

林檎。

図書館本。 大正の秘密組織の話。 一話目は登場人物が多くて状況把握がしにくく、物語に入り込みにくかったですけど、二話目はすごく入り込みやすくてびっくりしました。 面白かったですが、中盤はだいぶグロかったです。 それと、大正地獄浪漫ですよね。 浪漫は何処ですか(( #ニコカド2020

2021/01/14

金色

絵と合ってると思います。

2018/09/22

こけぴぴ

鬼徹ファンで江口先生の装画に惹かれたのと、内容も好みそうだったので購入。好きなのですが、好きが詰め込まれ過ぎていてコテコテ。でも続編が出た時は買うと思います。自作に期待。

2018/09/19

感想・レビューをもっと見る