読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人形の国(3) (シリウスKC)

人形の国(3) (シリウスKC)

人形の国(3) (シリウスKC)

作家
弐瓶勉
出版社
講談社
発売日
2018-09-07
ISBN
9784065127438
amazonで購入する Kindle版を購入する

人形の国(3) (シリウスKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レリナ

面白いな。絵のタッチが繊細で綺麗。バトルもあっさりとしてストレスがない。とても不思議な魅力のある漫画。エスローが強くてかっこいい。敵側も強そうなキャラが出てきたので、どうこれから戦うのか、楽しみ。展開がスピーディなので、読みやすい。エスロー達がこれからどんな行動に打って出るのか、気になる。お気に入りの漫画になりつつある。次巻に期待。

2018/09/12

buchipanda3

テンポ良く進む。目が離せない。意味深な言葉、新たな思惑、そして・・・。先が気になる。あとエスローとケーシャの関係も。

2018/09/09

capeta

帝国、英雄を人形に転生させる。金属操って、イルフ ニクを蹂躙。世界観が絶妙。次巻も楽しみ。

2018/10/27

内島菫

期待してしまう設定だがその割には薄っぺらく、『シドニアの騎士』ほどの面白さを感じない。『シドニアの騎士』の最終巻に見られた「連載終了が決まったかのような希薄感」を引きずっているかのよう。Nさん曰く、『アフタヌーン』の担当編集者が優秀だったのではないかということだが、あり得る話。今後買い続けるかどうか迷う。

2018/09/12

S 2

相変わらずメカデザインが独特でかっこいい。そして弐瓶先生どんどん女の子描くのうまくなってってますね。

2018/09/10

感想・レビューをもっと見る