読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私の少年(5) (ヤンマガKCスペシャル)

私の少年(5) (ヤンマガKCスペシャル)

私の少年(5) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
高野ひと深
出版社
講談社
発売日
2018-11-06
ISBN
9784065127568
amazonで購入する Kindle版を購入する

「私の少年(5) (ヤンマガKCスペシャル)」のおすすめレビュー

33歳OLと14歳中学生。二人の関係についに変化が…!? ますます目が離せない『私の少年』5巻

『私の少年』(高野ひと深/講談社)

 愛されることで満たされる心があれば、愛することで癒されていく傷もあるのだと『私の少年』(高野ひと深/講談社)の最新5巻を読んで思った。相手が誰であろうと、自分に愛情を向けてくれる人、自分の愛情をためらいなく受け止めてくれる人がそばにいてくれることは、強さになる。それがひしひしと伝わってくるがゆえに、本作は切ない。

 累計110万部を突破した同作は、33歳のOL・聡子と14歳の少年・真修の交流を描いた物語だ。最初は、母親を亡くしネグレクトされている気配のある真修を、聡子が放っておけず面倒を見ていただけだった。ところが、外見だけでなく心根も美しい真修とともに過ごす時間は、鬱屈した日々を過ごす聡子にとっても癒しとなっていく。だがその深まっていく関係が、しだいに大きな“問題”へと発展していく。

 なぜ、二人は一緒にいられないのだろう。いかがわしいことなんて、何もしていない。むしろ真修は、聡子によって救われた。変質者の手から逃れ、荒んだ生活から抜け出せたのは、聡子のおかげだ。それなのにはたから見れば二人の関係は「大人が子…

2018/11/24

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

私の少年(5) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Aya Murakami

ゲオで借りた本。 1巻で主人公を振った男は結婚指輪を外していた。やっぱり男のふしだらな生活が結婚相手を怒らせて離婚に至ったのでしょうか?その辺は以降の話で結論出そうです。

2019/07/31

くりり

真修の真っ直ぐにグイグイ来る、ヤバい! 何年でも待てるって、なおヤバい!!妹目線も加わって、どう転ぶか分からないけど...

2019/01/25

イーダ

この巻では意図的に聡子と真修の年齢差を絵で表現しているように思えた。何とか一線を引こうとする聡子と近づきたがる真修。新キャラのまゆも良いキャラをしていて、良い意味でストーリーをかき回してくれそう。この子も良い子そうだ。

2018/11/07

wata

純水な気持ちでグイグイ来る真修くん。大人の聡子さんが上手くコントロールしないとどこまでもやって来そうな…(^^;

2019/01/21

よっち

真秀と再会して逡巡する聡子に訪れた東京転勤。距離が再び近くなったことが良かったのかどうなのか…嬉しいけれど距離を置くべきだと思う聡子と、そんな聡子を慕う真秀がそれぞれ抱える想いが何とも複雑で、並行して明らかになってゆく聡子の過去エピが何とも気になるところですが、元上司や妹・まゆの存在がまた状況を変えていきそうですね…。

2018/12/08

感想・レビューをもっと見る