読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)

夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)

夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
こだま
ゴトウユキコ
出版社
講談社
発売日
2018-09-06
ISBN
9784065128206
amazonで購入する Kindle版を購入する

「夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)」のおすすめレビュー

彼女を苦しめたのは、「普通」という“呪い”――ゴトウユキコが描く『夫のちんぽが入らない』は、さらに痛々しく、それでいて朗らかだ

 9月6日に、漫画版『夫のちんぽが入らない』の第1巻が発売された。

 コミカライズを手がけるのがゴトウユキコさんだと知った瞬間、両手を叩いて喜んだのを覚えている。きっとそういう人たちは多くいただろう。こだまさんの描く「夫のちんぽが入らない」を好きな人とゴトウユキコさんの作風を好きな人は、親和性が高いように思えた。それは、単なるセクシャルな部分のみによるものではない。勝手ながら、彼女たちの描く作品には、「生きづらい運命を背負った人たちがもつ怒り」のようなものがあるように感じていたからだ。

 ちなみに、コミカライズの作者がゴトウさんだと知ったときに頭に思い浮かべていたのは、彼女の代表作である『R-中学生』の一場面であった。それは、汚物フェチの伊地知くんが、学校の女子トイレの汚物を勝手に漁っていたことがバレてしまい、いじめが始まったときの話である。理不尽な暴力から逃げる最中、彼は内心「好きでこうなったんじゃないのに」と歯を食いしばる。私はこの一言から展開される、クライマックスまでのストーリーがとても好きで、だからこそ『夫のちんぽが入らない』のコミカライズが…

2018/9/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル)」の関連記事

『夫のちんぽが入らない』こだま×ゴトウユキコ対談――「漫画にするとこんなに伝わるんだ、って感動した」

 ゴトウユキコさんの描く『夫のちんぽが入らない』は、原作では決して書かれなかった二人の名前がついている。

 鳥居さち子と倉本慎。

 こだまさん原作の『夫のちんぽが入らない』(9月14日に「講談社文庫」より文庫版が発売)が、ゴトウユキコさんによってコミカライズされ、ヤングマガジンで5月から連載中だ。

 そして、とうとう記念すべき第1巻が発売された。単行本には、第7話までのお話と、お二人の往復書簡がおまけに入っている。

 本記事では刊行を記念して、こだまさんとゴトウユキコさん、お二人の対談を行った。

 この対談は、ゴトウさんの「(緊張してしまうので)お酒があれば」という一言で、夜の新宿にある、とある個室居酒屋の一室で行われることとなった。(ちなみに、その場には、こだまさんの担当編集である高石さん、ゴトウさんの担当編集である小島さんも同席)

 作品をみればわかる、お二人の相性の良さ。特に、話すトピックは決めず、そのときの流れで自由に話に花が咲けばいいと思っていた。

 そして、対談は、沈黙から始まる…。

 度々会話が途切れて静まり返る個室の中で、果たしてこの対談は成立す…

2018/9/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

夫のちんぽが入らない(1) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まゆにゃ

当初評判になった頃、ちょっとページ単価高いなぁと思って脳内読みたい本リストに積んでいたのを、文庫化・漫画化のタイミングでまとめて。コミック化の担当は「水色の部屋」ゴトウユキコ氏であった。小説版はまだ手を付けていない、リアル詰み本状態なので、どの程度翻案(?)されているかはわからないが、主人公?の世間に上手くなじめていない空気感と性に根ざした人生のままならなさへの悲しみと滑稽さとが表現されており、ゴトウユキコの漫画だなぁと感じた。原作との親和性によるものか、小説を読んでみて、改めて再読しようと思う。

2018/10/01

Dai(ダイ)

なにかと話題だけど、買ってまでは読まないだろうと思っていたらマンガになってたので読んでみることに。夫が下手で入らないのじゃないかとか色々突っ込み所は多いけれど、果たしてどのような解決がなされるのか。2巻まで出ていて完結かと思っていたらまだ続くみたいで早まったなと。

2019/02/11

波多野七月

「漫画化する」と聞いたとき抱いたかすかな不安が、見事なまでに吹き飛んだ。ゴトウユキコさんの描く、絶望に塗り潰されたような世界が好きだ。汗の匂いが、まとわりついて離れない。ベストセラーになんか、ならなくていい。そこらじゅうに並んでいるうちの一冊になんて、なってほしくない。この声にならない〈叫び〉を知っている人にだけ、届けばいい。そんな崇拝めいた感傷が、つい浮かんでしまう。

2018/09/08

ムーミン2号

小説は読んでいないので、この1巻目だけでは分からないことが多い。大学に行くようになり、すぐに同じ下宿の先輩と付き合い始め、身体を重ねたときから性交ができないのは、通常は男の方に理由があるのかと思ったら、この場合はどうやら女性の方に堅い壁があるようなのだ。けど、二人はずっと付き合い続け、先に就職した男の方から結婚の申し出があり、指輪も買ってくれる。心の結び付きは強力なようだが、その強力な結び付きはマンガではほとんど語られていない。どうして女性がそういう身体なのかも、不明のままだ。謎は謎のままの第1巻。

2018/09/17

ものくろ

auブックパス読み。以前さわりだけ読んでいたけど面白そうだったので。 これ、どう解決していくんだろう。旦那さんは入らなくてもいいのか?奥さんは入らないとという使命感にかられてるけど…。これ原作もあるのか。面白そう。

2020/07/11

感想・レビューをもっと見る