読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私たちはどうかしている(7) (BE LOVE KC)

私たちはどうかしている(7) (BE LOVE KC)

私たちはどうかしている(7) (BE LOVE KC)

作家
安藤なつみ
出版社
講談社
発売日
2018-09-13
ISBN
9784065128923
amazonで購入する Kindle版を購入する

私たちはどうかしている(7) (BE LOVE KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すみの

結婚式目前に七桜の正体がバレてしまいました。そして明らかとなった女将の過去。七桜の幸せはもう一山、二山越えないとダメみたいですね。それにしても椿父、七桜母が好きなら椿母と結婚するなですが。家のしがらみがあり政略結婚もあるけど、これだと幸せにならないパターンですよね。次巻は波乱の幕開けみたいですね。

2019/02/07

たまきら

うわあ火事とか展開がもう完全に昼ドラ。ベタだ~。老舗とかお茶とか伝統とか、なんつうかもうキツイ、すべてがキツイ。それなのになんで読んでしまうんだろう…こわ~い。

2022/02/26

梅みかん

最後の展開が衝撃的すぎて。二人で幸せを掴んでほしい。

2018/12/16

ako

とうとう椿にバレてしまった。それでもきちんと向き合うつもりだったのに火事とさくらの体調不良で二人はバラバラになってしまった。3年の年月は二人をどう変えたのか。愛は変わっていないと信じたいけど…次巻からは新章へ。

2018/10/22

みきかなた@灯れ松明の火

ずっと悪役だった椿母が一転かわいそうになった。というか七桜母って優しそうに見えてひどくない?お腹の子も失って七桜は椿の元を去ったけど何を成し得たかったのか疑問になってきた。

2019/01/11

感想・レビューをもっと見る