読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

古事記異聞 オロチの郷、奥出雲 (講談社ノベルス)

古事記異聞 オロチの郷、奥出雲 (講談社ノベルス)

古事記異聞 オロチの郷、奥出雲 (講談社ノベルス)

作家
高田崇史
出版社
講談社
発売日
2018-10-05
ISBN
9784065129296
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

闇に葬られた「敗者の日本史」が蘇る。誰も見たことがない出雲神話の真相!! 歴史ミステリー新シリーズ第二弾。

古事記異聞 オロチの郷、奥出雲 (講談社ノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さつき

今回は奥出雲が舞台。気さくな民宿のおじさんと神社や史跡めぐり。血なまぐさい事件を挟みつつですが、何だかまったり気分で読みました。奥出雲ワインを飲んでみたい。高田さんの作品はよく四柱推命が出てきますね。全く知識が無くて、いつもその辺は流し読みしてしまってましたが、ちょっと興味が湧きました。

2018/11/20

ポチ

出雲編の後半かな?素戔嗚尊と櫛についてかなり掘り下げた蘊蓄が良かったが、う〜ん、半分くらいしか理解出来なかった…。次は京都かぁ、きっとまた読むのだろうなぁ。

2018/11/14

ぽろん

うーん、今回も分かった様な分からない様な、、。私の拙い理解度では、日本の神様は殆どが怨霊なの〜⁇今度は、京都が舞台の模様です。ついていけるかな⁈

2018/10/26

igaiga

またしても「続く」今回は1つのテーマを丁寧に掘り下げて行くのかな。現実の殺人事件は本当に毎回のことながらなんとかならないかと思うけれど、あの「八」がたくさん登場する和歌の謎が早く知りたい。

2018/11/27

きょん

事件部分は現代においては少数派の意識を共有する中で起きているからよく分からないなあ。櫛と奇霊とかちょっと語呂合わせ過ぎないかと思う部分もあるけど面白かった。

2018/12/17

感想・レビューをもっと見る