読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

猫のエルは

猫のエルは

猫のエルは

作家
町田康
ヒグチユウコ
出版社
講談社
発売日
2018-09-28
ISBN
9784065129685
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

数多くの猫たちと共に暮らし、作家の眼と深い愛情とで彼らを見つめ続けてきた町田康さんだからこそ書けた、五つの猫の物語。作中の愛すべきユニークな猫たちを、ヒグチユウコさんがイラストに描き起こした「猫好き上級者」のための作品集。猫の眼で、世界はこんなふうに見えています。

猫のエルは / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

町田 康&ヒグチ ユウコ共に新作をコンスタントに読んでいる作家です。町田 康は、犬のイメージが強かったので、二人のコラボは意外でした。オススメは、『諧話会議』&『ココア』です。笹蒲鉾を差し出す猫は、世界中探してもいないんじゃないかにゃあ(笑)ヒグチ ユウコのイラストがもう少し多い方が良いと思います。

2018/10/02

ペグ

諧謔と美しさに溢れた四編の短編と小さな詩。「とりあえず このままでいこう」は胸が熱くなる転生のおはなし。ヒグチユウコさんの笹かまぼことドンドンパッパ、ドンパッパのリズムに集約された素敵な一冊。今日も我が家の元祖ペグさんはニャ〜ニャア!と元気です❗️

2018/10/16

nico

ちょっとシュールでクスッと笑える猫の世界を描いた短編集。『諧和会議』が面白い。理性と悟性により諧和社会が実現したのに猫君のみが諧和を乱す、と他の生き物達が集まって議論する。何故猫君は好き放題するのか…だってそれは猫だから!表題作はエルへの愛情が伝わる詩でとても好き。「エルは猫である/猫ではあるがそれ以前にエルである」それは猫好きの人なら納得の愛情表現。エルをぼんやり見ている俺は「見ているだけで儲け」その気持ち分かる分かる、と頷く私もやっぱり猫好き。ヒグチユウコさんの挿し絵が町田康さんの世界観を引き立てる。

2018/11/03

タカユキ

シュールで不思議な物語と愛嬌のある挿し絵が素晴らしく合っている一冊。猫が主な登場人物となっている5本の物語は緩やかに共通するテーマを持っているが、それぞれが独立した作品になっている。猫の動きが細かくリアルで愛が滲み出ている。動物たちの間でも猫の気まぐれに振り回されているのは人間と同じなのかな?と思わせる編で笑わされて貰い、最後の編「とりあえずこのままでいこう」は犬が生まれ変わって猫になってしまった話は犬好き、猫好き、どちらも泣ける話になっている。自分も動物をやっぱり飼いたいな!と思わせてくれる一冊。

2018/11/01

あも2000

装画・挿画:ヒグチユウコ。装幀:名久井直子、本文:町田康。買わないという選択肢が…ない!フォントから紙質までこだわりが伝わる素敵な本。人の滅んだ世界で動物たちが言語を獲得し、"果たして猫は言葉を介すのか"と、とぼけまくった会議を繰り広げる「諧和会議」、トムとジェリーを彷彿とする「猫とねずみの~」、生まれ変わってご主人の元に帰ろうとした犬の「とりあえず~」。個性はきっちり発揮しながらも町田節は抑えめ。読みやすくて可愛いお話ばかり。猫好きならマストバイ!今ならまだ(たぶん)ポストカードもついてる!書店へGO!

2018/11/14

感想・レビューをもっと見る