読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

This Man その顔を見た者には死を(2) (講談社コミックス)

This Man その顔を見た者には死を(2) (講談社コミックス)

This Man その顔を見た者には死を(2) (講談社コミックス)

作家
恵広史
花林ソラ
出版社
講談社
発売日
2018-10-17
ISBN
9784065129937
amazonで購入する Kindle版を購入する

This Man その顔を見た者には死を(2) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レリナ

天野がディスマンの正体に迫るため、行動をする。相変わらず不気味なディスマン。仲間を疑う天野の心中は穏やかではないだろう。ジョーカーは誰なのか。ディスマンの正体とは。天野が一巻よりさらに追い込まれた。人吉七人衆のメンバーも続々と登場し、天野は星子を守るために行動する。展開がスピーディーなので、読みやすい。ディスマンの恐怖はもうそこに迫っている。天野がディスマンの正体に迫るのが先か、ディスマンに殺されてしまうのが、先か気になる。次巻に期待。

2018/10/24

MERLI

this manの正体を暴くため星子と二人で行動する斗。昔の馴染みである人吉七人衆の一人、陣内に協力を試みる。しかし彼の心の弱さから、悪友に二人を差し出してしまう。窮地に陥る斗達だったが、勇敢にも立ち向かってくれた陣内の活躍もあり難を逃れた。悪友達はこの件には裏があると見た、しかしそこにはもうthis manの魔の手が差し迫っていた-。今回はあまりthis man出てきませんでした、むしろ人間ドラマを見ているような感覚でしたね。

2018/11/21

しぇん

何か展開早いですね。殺人鬼の正体は以前不明のままですが、人吉七人衆関連を処理しきって終わりそうな感じですかね。あとYouTuberはいつまともに物語に関わってくるんでしょう。

2018/10/18

十六夜(いざよい)

似顔絵捜査員・天野斗の旧友たち「人吉七人衆」。その中に、ディスマンに通じる“敵”が潜んでいる!?残酷な真実を前に、それでも斗と“人の感情がわかる”少女・星子は、共にディスマンを追い続けていく…。行く先々で人が死に、その犯人として手配されてしまったハカル。ディスマンだけじゃなく、普通に殺人犯も混ざってるし、ハカルの周りは犯罪者ばかりなのか?

2021/09/25

らなん

似顔絵捜査員ハカルが主人公なので、その特殊技能を活かしての事件簿かと思ったら違ってた。連続殺人鬼に母親を殺害され、相手の感情を読み取ることが出来る中学生の女の子とハカルが、連続殺人鬼の謎を解明しながら逃亡する長編だった。絵が好き。ストーリーも楽しい。ブラッディマンディ描いた方だった。

2020/04/23

感想・レビューをもっと見る