読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

歌舞伎絵本 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)

歌舞伎絵本 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)

歌舞伎絵本 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)

作家
きむらゆういち
あべ弘士
今井 豊茂
出版社
講談社
発売日
2018-10-31
ISBN
9784065130643
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

歌舞伎絵本 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒラP@ehon.gohon

人気シリーズの「あらしのよるに」は、大型絵本版はもちろん、小説で読んだり、文庫版で読んだり、本編の他にスピンアウト版を読んだりと、様々なバリエーションで楽しませてくれたのですが、歌舞伎になったことは知りませんでした。 この絵本は、歌舞伎になった「あらしのよるに」を、絵本にするという。一種の逆輸入版になり、舞台で演じることを前提に、かなりドラマチックになっています。 オリジナル絵本がいちばんのお気に入りですが、絵本を知っている分だけ、楽しさが膨らんでくれました。

2019/05/28

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《本屋》歌舞伎のあらしのよるにみたかった。

2018/11/03

遠い日

中村獅童さんによる新作歌舞伎「あらしのよるに」を、絵本にしたもの。獅童さんの試みが定着していくといいですね。これは、実際に歌舞伎として観た方が、ストレートにこの物語の魅力が伝わると感じます。絵本も、歌舞伎調の台詞で書かれていて、原作とはまた違った味わい。

2018/12/09

けいねこ

あの『あらしのよるに』シリーズをにぎやかな歌舞伎に仕立て直した、といったところでしょうか。ハッピーエンドになっているのがうれしい。かつてEテレの『おはなしのくに』での一人芝居が最高に面白かったんですが、どなたか演じていたのか、ちょっと調べただけでは見つけられず…… もう一度見たいなぁ。

2019/05/05

あおい

歌舞伎版「あらしのよるに」の絵本。オオカミのガブとヤギのメイの友情。

2021/06/16

感想・レビューをもっと見る