読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カントの「悪」論 (講談社学術文庫)

カントの「悪」論 (講談社学術文庫)

カントの「悪」論 (講談社学術文庫)

作家
中島義道
出版社
講談社
発売日
2018-09-12
ISBN
9784065131602
amazonで購入する Kindle版を購入する

カントの「悪」論 (講談社学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テツ

他者に対する親切心や博愛の心。小さな善から大きな善まで。自らの生命を擲つ程の自己犠牲を伴う愛だとしてもそこに快楽を覚えるのなら道徳的に良い行いだとは言えない。そう。善行を重ねて「きもちいい」と感じてしまった瞬間に、足下に待ち構える悪へと通じる穴に落下してしまう。道徳的な行いとは、善なる行動とは、本来至難のワザであるという自覚をもつことの大切さ。自分が良かれと思い積み重ねる他者への善なる行為は自分の快楽へと繋がるただのオナニーだと知ることの大切さ。そしてその上で道徳的に良くあろうと生きることへの絶望。

2019/04/24

ラウリスタ~

飛ばし読み。カントはそもそも適法的行為しか眼中になく、その中で実際には道徳的に悪い行為をガンガン指摘していく。悪へと陥る傾向、自由を持った人間が、それでもなおそれに抵抗し、理性によって「すべきこと」(道徳的に善い)を認識し、それを実現しようと必死にもがく所にこそ、人間の尊厳はない。幸福追求や、生命を守るという動機で結果的に良いことをなしたとしても、それが自己愛に基づく幸福の原理によるものであれば、道徳的に善くない。社会的な善人を狙い撃ちにした奇妙で苛烈な道徳論。

2019/02/11

原玉幸子

著者の本は、実践生活を面白可笑しく哲学的に語る、或いは関わるエッセイがいいのですが、本書は正統なカント倫理学の解説(選書間違い!)でした。大半は用語をこねくり回す悪しき古い哲学講義の風であっても、「誠実性の原理を第一に幸福を第二に、その一致を最高善と呼ぶ」との著名哲学者の根本思想を理解するのは、(実践生活では何の役にも立たなくても)それはそれで知的な知識収集としていいと思います。(◎2019年・春)

2020/04/03

ぱるけくん

実践理性批判を読んだので読んでみた。全然カントのことちゃんと理解できてなかったんだなと思った。特に時間に関する視点は全くなかったのでそこまでカント倫理学が入り込んだ構造になってるとはと思い感動しました。あと個人的な関心として「どんな綺麗事言う人間も所詮は自分の人生をただ肯定したい(快楽を得たい)だけでしょ」という不信感が自分の中には常にあって,功利主義が最終そういうとこにしか行き着かないというのはすごくわかる気がします。それを乗り越える方法を模索するためカントはがんばってたのかなと思いました。

2019/08/11

感想・レビューをもっと見る