読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神の時空 嚴島の烈風 (講談社文庫)

神の時空 嚴島の烈風 (講談社文庫)

神の時空 嚴島の烈風 (講談社文庫)

作家
高田崇史
出版社
講談社
発売日
2018-11-15
ISBN
9784065132067
amazonで購入する Kindle版を購入する

神の時空 嚴島の烈風 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とも

★★★☆けっして悪い作品ではない。ただ、シリーズの他作品と比較すれば、少々・・・というレベルではないかと。ただ、厳島や安芸の宮島がこれほど深い謂れのあることに驚き、一度足を運びたいとは思った。でも宮島が島(island)だったことを知らなかったのは、私の無知かぁ(^_^;) あとひとつ、大鳥居と正面舞台の間に立つ灯篭の謎、すべてがこれに収束するのかと感慨深い。

2019/05/19

nayu

それにしてもやべーハードスケジュールだな。     さすがに身体が心配になりますわ。      敵の親玉との初邂逅。      この物語の先に何があるのか、どうなることやら。

2019/01/04

Galois Noir

今回の舞台は厳島神社。このシリーズの中では各地の神社で鳥居やら本殿やらが燃えたり倒壊したり大変なことになっているが、いつか現地を訪れてみたいところばかり。神社の画像もスマホで簡単に検索できるので作中で説明される現地の様子も確認しながら読むことができ、便利な世の中だ。しかし、ネットで検索しただけではなかなか知ることのできない歴史。高田先生の話を鵜呑みにするのではなく、あくまで自分の頭で判断しながら歴史を勉強し直していきたい。

2020/08/13

naolog

4年前に広島を旅行したときは、解熱剤を飲んでなんとか回ったという感じで、殆ど覚えていない…。ただ、作中のようにいい加減な観光客が多くて、何よりお参りをしていかないで写真を撮るばかりの人に驚いた記憶があります。また行きたいなぁ。。

2018/11/28

ayafuya-papa

相変わらず、神話の解釈に引き込まれます。火地さんによると、全ての神話における言葉、漢字の意味するところは怨霊に繋がります(^^;;厳島神社にまだ参拝した事がないので、登場する神社仏閣を全て参りたいものです^_^ それにしても早く妹さんを助けなくていいのか心配ですね。

2018/12/30

感想・レビューをもっと見る