読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

冥途あり (講談社文庫)

冥途あり (講談社文庫)

冥途あり (講談社文庫)

作家
長野まゆみ
出版社
講談社
発売日
2018-11-15
ISBN
9784065132135
amazonで購入する Kindle版を購入する

冥途あり (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mii22.

初めて読んだ長野作品『箪笥のなか』を思い出す。昭和の懐かしい風景、自分の子供時代の記憶を掘り起こし水彩絵の具で色つけしていくようにだんだんとよみがえる鮮明な記憶。死後折々に父の来歴に想いを馳せる娘の姿に徐々に自分を重ねて心が動揺したまらなくなった。長野さんとは同年代、同じ時代を生きてきた私にとってこの二編のお話は自分のことのようにさえ思えてくる。震災や戦争の悲惨さ原爆の恐ろしさを背景ににおわせながらもどこか人の悲しみにも温かな眼差しを向け、生きることの素晴らしさをさりげなく伝えてくれている。

2020/05/10

miu

東京生まれ東京育ちの父は被爆していた。父の死と父を取り巻く親戚たち。ずっと古い8ミリフィルムを観ているよう。静かに淡々と語られる長野まゆみさんの父のお話。疎開先の広島で原爆にあったという。県外から来た人はこういう風に受け止めていたのか。ずっと広島に住み続けている人たちとはまた違った感情がそこにはあった。死は真実と空想の境目にあるのかもしれない。死者の本音は一生わからず、こちらはただただ残された者たちで、思い話し続ける。ずっとずっと境目を漂っている。

2019/01/05

たけはる

ひさびさの長野節。この方の話を読んでいると、「小説ってのは、いかにホラをうまく書くか(そしてそれを楽しむか)って面があるよなあ」としみじみ思う。長野さんの、このひょうひょうと嘯かれる「ホラ」がおもしろくってならないのだ。 あと、描かれる昭和の風景がいつも好き。私も「平成生まれ」ゆえ実物は知らないものばかりなのだけれど、そこはかとなく心惹かれる。 梓と真の双子が、いかにも長野少年にいそうな性格なのもフフっとしました(この双子はだいぶ巨漢に育っちゃったようですが)。

2018/12/05

ひでお

長野まゆみさんの作品は初読みではないとおもうのですが、読み始めは少し、入り込めませんでした。家族の内面をのぞき見しているような、そんな感じでした。しかし、戦争に翻弄された家族を淡々と語り、ときに現実から遠のくような感覚で、読者をお話しのなかでさ迷い歩かせる、そんな風に思いました。

2019/05/25

Jun Shino

こういう書き方もあるんだと、素直に受け止めた作品。長野まゆみ、手練れであり独自世界の構築家。 「冥途あり」「まるせい湯」の2本が入っている連作中編とでもいう形の本。 「冥途あり」が父の葬儀、「まるせい湯」は3回忌の想い出巡り。江戸の歴史とノスタルジー、さらに母の道行き、祖父の人生をも辿る。葬儀と、さまざまな過去、あの日の広島。現代と戦時と、もっと前の時代が錯綜し、幻想的な雰囲気に、現代的な登場人物たちがよいバランスをとっている。少年たちの世界が持ち味だった長野まゆみがこんな書き方ができるとはと驚いた。

2019/04/14

感想・レビューをもっと見る