読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

嘘ですけど、なにか? (講談社文庫)

嘘ですけど、なにか? (講談社文庫)

嘘ですけど、なにか? (講談社文庫)

作家
木内一裕
出版社
講談社
発売日
2018-10-16
ISBN
9784065132876
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

やっと出会えたはずの高級官僚の男は、新幹線爆破テロの発生直後から様子がおかしくなる。怪しんだ彼女が警察に通報すると、待っていたのは自分自身の逮捕だった。木内一裕10作目は、完全エンターテインメント大作!

「嘘ですけど、なにか? (講談社文庫)」のおすすめレビュー

嘘つきアラサー女編集者vs.国家権力!木内一裕氏が描く大逆転ジェットコースターミステリー

『嘘ですけど、なにか?』(講談社)

 嘘をつくのは処世術。嘘をついて何が悪い。誰かを悲しませるようなものでないのならば、誰にも嘘だとバレないならば、いくら嘘をついたっていいだろう。

「わたしは編集者です。作家さんの苦しみを減らすためなら、どんなウソだってつきます」。口八丁であらゆるトラブルを解決していく女編集者を主人公としたこのミステリーを読んでいると、「こんな風に上手に嘘をつけるようになりたい」と主人公に憧れすら抱いてしまう。

 そのミステリーとは、木内一裕氏著『嘘ですけど、なにか?』(講談社)。この物語に出てくる主人公がとてつもなくかっこいいのだ。息をするように嘘をつく女…というと聞こえはよくないが、嘘を武器に、問題に立ち向かっていく様はなんと勇ましいことか。著者の木内氏は、『BE-BOP-HIGHSCHOOL』などの作品で知られる漫画家。表紙を飾っている不敵な笑みの女性は一見写真のようだが、実は木内氏によるイラストというから驚かされる。漫画家であり、映画監督でもある木内氏が小説の世界で描く情景はどこをとっても目の前に浮かぶよう。映像化間違いなし…

2018/12/7

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

嘘ですけど、なにか? (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

射手座の天使あきちゃん

【ハヅキルーペのCMをイメージして】 世の中のミステリーはありきたり過ぎて読めなーい❕ でもこの本を読むと世界が変わる、思わず笑っちゃうんです。 長時間読んでも飽きないんです。 ちょっと読んでみて下さいね。表紙のイラストも手書きなんです。 わーぉ♪ このクォリティ、さすがはメイド・イン・ジャパン❕。 水嶋亜希だーいすき♡ 続編希望です(笑)。

2018/11/10

アッシュ姉

頭空っぽにして楽しめるエンタメ小説。文芸編集者として仕事に追われる亜希にエリート官僚との出会いが訪れる。恋の予感に浮かれる間もなく、彼の態度が怪しくなっていき、思いもよらぬ事件へ発展していく。トラブル回避や問題解決のためなら、流れるように嘘をつく亜希ちゃん。美人なのに口が悪く、この野郎!バカ野郎と毒づく心の声が痛快。アクが強い登場人物ばかりでコミカルで飽きない。クライマックスにもう一波乱欲しかったけど、八郎兵衛少年がいい味出してて笑えた。映像化しても面白そう。

2018/12/17

したっぱ店員

嘘の上手い女性編集者が巻き込まれる事件や事情はけっこうシャレにならない感じながら、いい意味で軽みがありユーモラスな空気感で、テンポもよく楽しかった。キャラクターがはっきりしててイメージしやすいのはさすが漫画家さん。他の作品も読もう。一番びっくりしたのは、この表紙の女性の顔、写真じゃなくて手描きですって!!!嘘っ!?と叫んでしまった。完全に著者の手の中で踊らされてる(笑)。

2019/02/09

アン

楽しそうな本を読もうと、タイトルと表紙の写真に惹かれて。木内さんは漫画家であったという事を知り、このテンポの良さに納得。言わなければよかった余計なひと言とは…?主人公と事件の鍵を握る二人の女性の逞しさが爽快でした。私が写真だと思った女性は実在しないそうです!

2019/01/14

10$の恋

口に含んだ珈琲を噴いてしまったではないか(笑)。アラサーOL亜希。出版社勤務。仕事のため、世渡りのため、スピーディに嘘をつき、まんまと丸く収める。「それの何がいけないの?」。さて、身近にテロ事件発生!コレは何とかしなくては。国家権力も巻き込む展開にポンポコ進む。軽薄、滑稽、大胆、スカタン。あっちもこっちも嘘で対抗。嘘の上塗りの破綻までをサクサク楽しめた♪興味津々の作家さんが、ま~たひとり増えちゃった笑。しかしまあ最近、世間や世界の国で『嘘ですけど、なにか?』が横行しているような…。

2019/02/20

感想・レビューをもっと見る