読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

昭和期デカダン短篇集 (講談社文芸文庫)

昭和期デカダン短篇集 (講談社文芸文庫)

昭和期デカダン短篇集 (講談社文芸文庫)

作家
太宰治
織田作之助
坂口安吾
野坂昭如
中上健次
島尾 敏雄
道籏泰三
出版社
講談社
発売日
2018-10-12
ISBN
9784065133002
amazonで購入する

昭和期デカダン短篇集 (講談社文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三毛猫座(みけ

三島由紀夫の憂国、初めて読んだ。趣味丸出しですごい笑!野坂昭如の骨餓身峠死人葛、これも圧巻。こんな小説は初めて読んだし、引き込まれた。

2018/11/30

まんだむ

初めて読む作家ばかりで楽しめた。ただ、内容が内容だけに、読み切るのに体力のいる一冊でした。葉山嘉樹の「セメント樽の中の手紙」は何度読んでもいいし、続く宮嶋資夫の「安全弁」も良かった。衝撃だったのは、ラスト三つの、三島由紀夫の「憂国」、野坂昭如の「骨餓身峠死人葛」、中上健次の「十九歳の地図」。どれもすごいし、読んで良かった一冊でした。

2019/02/02

クリフトン

もともと小説は反社会 不道徳なものとすれば殆どはデカダンス的ともいえ 健康 正義な小説はおよそ詰まらない 「郷愁」は現代小説に近い これより先は言葉にならないような処を描いている 太宰氏の「トカトントン」に対応するかのよう 最後に薄い光があるのが織田氏流なのか 「憂国」はとても設計的理性的でその過剰さゆえの気味の悪さがある 「エロス」「ロマン主義的熱狂」と解説にあるが寧ろ「男」の妄想的理想の投影なのかも 61年に発表されたそれは大江氏「セブンティーン」の発表された年でもある

2019/01/25

感想・レビューをもっと見る