読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」

アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」

アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」

作家
木崎伸也
F
ツジトモ
出版社
講談社
発売日
2018-09-28
ISBN
9784065133736
amazonで購入する Kindle版を購入する

「アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」」のおすすめレビュー

サッカー日本代表の真実が分かる!? “80%事実”のサッカー日本代表小説『アイム・ブルー』

『アイム・ブルー』(木崎伸也:著、ツジトモ:イラスト、F:制作協力/講談社)  本記事を読み始めてくれたあなたは、おそらく私と同じ「サッカーを愛する皆さん」の一人だろう。ならばこの夏のロシアでの熱戦は記憶に新しいと思う。そしてその前にあったドタバタ劇も…。

 2018年4月9日、ロシア大会2か月前に代表監督が解任された。協会からの説明はぼんやりとしていて納得し難いものだった。もちろんサッカーファンの意見は賛否両論となる。ただ反対派も、解任を是とした側も、その明確な根拠や理由――事実を知りたがった。

 大会は終わり、日本代表は次の4年に向けて歩み始めている。にもかかわらず、もやもやしたままのサッカーファンは多くいるかもしれない。そんな方々に読んでほしいのが『アイム・ブルー』(木崎伸也:著、ツジトモ:イラスト、F:制作協力/講談社)だ。

■小説なのに80%が日本代表の事実?  本書はサッカー日本代表を描いた小説である。物語は2030年のワールドカップ直前から始まる。代表チームは混乱のさなかにあった。もともと監督と選手の確執が存在していた中で、監督が事故に…

2018/10/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

プラス塾長

小説としてはいまいち、まあ書いているのがサッカージャーナリストだからね。 ただサッカーの解説書として読むには良いかもね、サッカーの奥深さがわかる。 最後の方は作者の切実な訴えだね。

2018/11/19

Nao Funasoko

なるほど、終章を加筆したのか。情報漏洩問題を描いたのは善し。ただ連盟改革に踏み込むならばそれに付随していつでもなんでも「絶対に負けられない戦い」と煽るTV局や金もだすが口も出す(出し過ぎる)スポンサーの功罪についてももっと踏み込んでよかったんじゃないかな。その他著者のお気に入り2018年W杯「背番号4」部分もいくらか修正されてるみたい。止む無し。(笑)

2018/10/11

柏バカ一代

コレは面白い。ハリル解任の理由の一端が判ったような気がした。だってコレ、フィクションだから。フィクションだから書ける物もあるようで、結構辛辣な事も書いてあった。そして、思い浮かぶフランス、日韓、ドイツ、ブラジル、ロシアの日本代表のW杯の試合のシーン、それの問題点。今度、観戦する時にその辺りをジックリ見てみるかな? J2に落ちた腹癒せに買った指定席の年間シートもある事だしね。

2019/03/10

minto

サッカーをさほど知らない僕はなるほどねと思うばかり。帰化した選手じゃなくてハーフが多いのは今風か? まあまあ面白かった。

2019/01/11

ろく

ツジモトさんの絵はサッカーにぴったりはまるなあ。選手と監督の視点で描かれていて、サッカー好きにはとても良い。

2019/06/11

感想・レビューをもっと見る