読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハピネス(9) (講談社コミックス)

ハピネス(9) (講談社コミックス)

ハピネス(9) (講談社コミックス)

作家
押見修造
出版社
講談社
発売日
2018-11-09
ISBN
9784065133934
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハピネス(9) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

wata

もう…どうしたら良いんでしょう…⤵。読んでて何の光も見いだせないほど。ひどいことになってる…。

2019/01/08

パンダプー

嫌な巻だわ

2018/11/09

軍縮地球市民shinshin

なんだか身もふたもないというか、陰惨な漫画だ。だからか、なかなかこの作品を揃えてる本屋は少ない。

2019/02/14

かなっち

結末まで残り2冊、痛々しい描写の連続に読むのをストップしていたのですが…。勇気を出して10巻まで一気読みしましたが、意外と大丈夫でおまけに面白く、読んで良かったです。とは言え、この巻では勇樹が脳まで、例の導師様に食べられちゃってましたが…。きっと岡崎君が間に合うと思いつつ読んでいたのでダメージは強く、この結果とまた五所さんが傷つけられて血を啜られる描写に倒れそうになりました。でも、久しぶりに岡崎君に会えて嬉しく、サクの最期のカッコ良さには今までの彼からは考えられずに見直しましたね。そして…ノラさ~~~ん。

2022/07/09

地下鉄パミュ

勇樹くんの願いを叶えてあげて。『殺せ』。殺したとてハピネスになれるとは思えないが、頼む殺ってくれ。戦慄・・・どうなる。 君に会えて良かった。人間になれた。『泣く』サクの言葉にグッと来る。五所さんの事はあえて書かない。毎回言ってますが彼女はハピネスな方向で。

2018/11/20

感想・レビューをもっと見る