読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

本屋の新井

本屋の新井

本屋の新井

作家
新井見枝香
出版社
講談社
発売日
2018-10-04
ISBN
9784065134139
amazonで購入する

本屋の新井 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

「芥川・直木賞」よりも売れることがある「新井賞」、と前振り。三省堂書店の”カリスマ店員”新井見枝香さんのエッセイ集。どんな凄ワザ・テクニックの本か、と期待しないでください。一つ一つの項を一呼吸で書き上げたような1冊。読むのも、ひと呼吸でスラスラ進めます。本を売るためのPOP制作の極意が語られるかと思ったら、さにあらず。「本が売れないと嘆く前に」、嘘でもいいから笑え! とは痛快だった。他人や環境のせいにする前に、自らのパッションを上げよう。

2019/01/27

寂しがり屋の狼さん

面白くて一気読みヽ(*´∀`)ノ♪『1銭もでない内職』『美味しくて、現状維持』『終わらない遊園地のようなお店を作ろう』『人間は本のようなものだ』『棚整理が終わったことは一度もない』などなど、感心したり笑ったり。こんな書店員さんと一度お話しをしてみたいです(*≧∀≦*)

2019/05/25

とん大西

オリジナルティ溢れるユーモアや皮肉。で、もってリズム感抜群の文体。なんだか、さくらももこさんの筆致を彷彿とさせます。本屋の新井さんの等身大の脱力系エッセイ。いやぁ、良かったです。いっきに新井さんのファンになってしまいました。ユルフワな語りの中にさりげなく(?)混ぜ込む矜持も不器用なあざとさと軽い小粋が同居しているようでいい。とりわけ、お客さんとの向き合い方を綴った『ペットボトル版「伊坂幸太郎」を売るなんて、つまんないだろ』のエピソードはセンスを感じます。本好き、お客さん好きだからこそ書ける文章かも。

2020/09/14

岡部敬史/おかべたかし

小売店の店員を意識した書店員の日常は、新井さんと話しているようで読んでて楽しかった。。装丁もよく人気に納得。こんな書店員さんとリアルでも話をしたいと思った次第。書店でハッピーアワーなどの交流会とかどうだろう。これから小売店に必要なのは消費者との交流なのではないかなー

2019/06/05

ホッパー

流石というかなんというか、書店員のエッセイって面白い。利用者側では知らない書店の苦悩なども読めて興味深いし、軽妙な語り口も開けっぴろげな内容も気軽に読めて良し。新井さんと飲みに行ったら楽しそうだなぁ。

2019/12/29

感想・レビューをもっと見る