読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

コンテクスト・オブ・ザ・デッド (講談社文庫)

コンテクスト・オブ・ザ・デッド (講談社文庫)

コンテクスト・オブ・ザ・デッド (講談社文庫)

作家
羽田圭介
出版社
講談社
発売日
2018-11-15
ISBN
9784065134351
amazonで購入する Kindle版を購入する

コンテクスト・オブ・ザ・デッド (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おかむー

ゾンビというエンタメを纏った文学なのか、文学業界と忖度社会を風刺したゾンビ小説なのか、訴えてくるものは理解できるが答えを出しづらいという意味ではモヤモヤが残る。『よくできました』。ゾンビが実在し始めた社会で文学業界に携わるひとびとの群像劇という関連性のわかりづらい前半は先が読めずページが進みづらいが、タイトルが意味を持つ後半では楽しめる。とはいえ今現在の社会で氾濫する情報に流されず“あたりまえ”を無視して生きられる人間がどれほどいることか。自己啓発本に倣うかや独自の生き方を検索するのが関の山ではないのか。

2018/12/09

TSUBASA

渋谷のど真ん中に現れた若者のゾンビから始まるパンデミック。売れなくなった作家、自分勝手な区民を相手にする役所の職員、我を通していじめを受けている女子高生たちが、ゾンビたちから逃れようとする。ゾンビ小説の体をした風刺小説。言ってしまえばゾンビは文脈に支配された人々。声のでかい人に流されればゾンビになる。仲間はずれを恐れればゾンビになる。思考停止した人は皆ゾンビ。事実今の社会もゾンビが蔓延しているのかもしれない。でも実際のところの自分の意思とかオリジナリティって?あなたは、私は、ちゃんと生きているのだろうか?

2018/12/04

活字スキー

羽田圭介さん初読み。何にでも『~オブ・ザ・デッド』つけりゃいいってものではないが、このタイトルは良い。しかし帯にある「ゾンビ・エンタテインメント」という惹句はいただけない。本作はいわゆる「ゾンビもの」のお約束がふんだんに盛り込まれてはいるものの、グダグダとっちらかった冗長な展開はエンタメとしては正直かなり厳しい。それでも一応パンデミックものではあるし、「ゾンビ化」の解釈(対象)には捻りがきいてる。筒井御大、神林御大、そしてヤスミンあたりを好むなら楽しめるだろう……かゆ……うま

2020/03/30

かば

作中でボコボコに貶し倒される数多の登場人物たちは恐らく作者の嫌いな奴らをそっくりそのまま投影させた存在なのであろう。ゾンビパニックというフィクショナルな文脈の中で現実の鬱憤を爽快に晴らそうとする作者の気概に感服。虚構は現実への反抗手段であると改めて実感する。

2018/11/28

伊織

や、やばい…。ゾンビに釣られて読んだらこちらがゾンビになりそうだった(いろんな意味で)。ゾンビにそんな事を求めていない!っと私は声を大にして言いたいくらい混沌とした世界観。言いたいことはわかるんだけども…。ゾンビはゾンビでエンタメして欲しいのです(泣)

2018/12/10

感想・レビューをもっと見る