読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

作家
諫山創
出版社
講談社
発売日
2018-12-07
ISBN
9784065134795
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

マーレに潜入し、大打撃をもたらしたエレン。その目的はジークをエルディアへ連れ帰ることだった。王家の血を引くジークを迎え入れたことで、全世界に対抗する力「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。だがそれは同時に、全面戦争へのカウントダウン開始の合図でもあった・・・・・・。

「進撃の巨人(27) (講談社コミックス)」の関連記事

前回を超える展示数!「進撃の巨人展 final」開催にファン大盛り上がり!

(C)諫山創/講談社

 2019年7月5日(金)から9月8日(日)まで、諫山創『進撃の巨人』の原画展が開催決定。ファンからは「グッズ販売とかあったら全部買っちゃいそう」「これは絶対に見逃せない!」と早くも期待の声が続出している。

『別冊少年マガジン』で連載中の同作は、世界を支配する巨人に少年・エレンや仲間たちが壮絶な戦いを挑むダークファンタジー。アニメ化やゲームはもちろんのこと、多数の企業とのコラボレーション企画などあらゆるメディアで展開されている。またコミック累計発行部数が7800万部を超え、原作は全世界18言語・180カ国以上で出版。日本のみならず、世界中に衝撃を与え続けている作品だ。

 2014年に上野の森美術館で行われた初の原画展「進撃の巨人展 WALL TOKYO」は、25万人を超える動員を記録。2回目となる今回は「進撃の巨人展 final」へ名前を変え、約5年ぶりの開催となる。同展では前回を超える数の原画展示だけでなく、原作の世界を体感できるコンテンツや新しいキャラクター音声ガイドも登場予定。原画展の情報に、ネット上では「来年が待ち遠しく…

2018/12/10

全文を読む

関連記事をもっと見る

進撃の巨人(27) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

愛の伝道師伊達カロン政宗@なまむぎなまごめなまたまごんっ

今回は政治の話が中心。それぞれの登場人物の思惑が錯綜する破滅的ストーリー。そんな中、独断でマーレ潜入を敢行したかどで牢に幽閉されたエレン。彼の真意はいかに?ここにきて大きくうなり始めた殺伐とした物語。そろそろ終わりが見えてきたのか。次巻に期待。

2018/12/07

海猫

なにが善で悪なのか、いよいよ混迷してきた。私がストーリーの細部についていけなくなって混迷しているのもあるのだが。それはさておき、調査兵団のメンバーがそれぞれ大人になっていき、次の世代に影響を与えている描写はなんとも感慨深い。

2018/12/07

NADIA

うーん。マーレ襲撃後のパラディ島(壁の中の人類たち)の話。襲撃がなぜ行われたのか、だれが何をもくろんでいるのかがまだよく分からないが、加速する鬱展開に滅入ってくる。一番面白かったのはウソ予告コーナーの学園カースト物語かな・・・。ミカサじゃないけど言いたい「エレン、帰ってきて!!!」

2018/12/09

のん

借り物。話が複雑になってきた。数巻読み直したい。エレン、どうするつもりなんやろう…。

2018/12/08

むっきゅー

エルディア国は一枚岩ではなく、エレンの単独行動に疑問を持ち、エレンを排除しようとする層と、エレンを信じ続ける仲間達、そこにジークや義勇兵、サシャを殺したあのガキの思惑が錯綜する。パラディ島への総攻撃が画策されつつあり、次巻に向けての緊迫感が出てました。本筋と関係ないけど、リヴァイが見栄を張るのには笑った。モテ期があったんだ...。

2018/12/11

感想・レビューをもっと見る