読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

されど私の可愛い檸檬

されど私の可愛い檸檬

されど私の可愛い檸檬

作家
舞城王太郎
出版社
講談社
発売日
2018-11-28
ISBN
9784065135136
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

こだまさん(『夫のちんぽが入らない』)推薦! 「食い入るように読みました。誰かの「理想」になんかならなくていい。トロフィーを床に叩き付けて、信じた人と生きていくだけ」2ヵ月連続作品集刊行、2冊目家族篇。舞城王太郎が描く「家族」の愛、不思議、不条理。問答無用で「大切」な家族との、厄介で愛おしいつながりを、引き受け生きる僕らの小説集。

「されど私の可愛い檸檬」のおすすめレビュー

あなたは、自分が選んだ相手を“運命の人”だと信じていますか? 舞城王太郎が描く「家族愛」の物語

『されど私の可愛い檸檬』(舞城王太郎/講談社)

 思春期のピュアな恋愛感情を描いた作品集『私はあなたの瞳の林檎』(舞城王太郎/講談社)に続き、『されど私の可愛い檸檬』(舞城王太郎/講談社)が刊行された。この2冊に共通するテーマは、大切な人への愛。前作『林檎』が“恋篇”だったのに対し、今作『檸檬』は、“家族篇”である。親戚、夫婦、姉妹…否応なく人生の長い時間を共有する“家族”は、それでも究極的には他人だ。だから、そこにはさまざまなすれ違いが生まれてしまう。

 あなたは、自分が付き合っている、もしくは結婚している相手を“運命の人”だと信じているだろうか。はじめの中編「トロフィーワイフ」は、ある出来事をきっかけに離婚の危機を迎えてしまう夫婦を、妻の妹の目線から描いた作品だ。夫の友樹は、ある学者の研究をヒントに、“愛の真実”に気がつく。私たちは、自分の選んだ、取り替えのきかないものを肯定的に捉える傾向がある。だからこそ、自分の選んだ相手を愛し、幸福な生活を送れるのではないか…。友樹は、そう考えることで、美人で気立ての良い妻・棚子からの愛情を確信した。だが、…

2019/2/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

されど私の可愛い檸檬 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ででんでん

ドカンと読み応えがあって、とても好き。どこがどういうふうに好きなのかはまとまらないけど好き。熱かったり冷たかったり棘が出てきたりする、とても熱量のある塊が本の中に押し込められているよう。作品を少ししか読んでないので、数少ない既読の「渕の王」を、すぐ思い浮かべてしまう。「トロフィーワイフ」からは、「渕の王」の最初の友人の家に居座る親子の話を連想した。家族や職場、身近な人間関係のなかでの支配・被支配。「ドナドナ不要論」~「この世にかなしみはたくさんある。」yuiも歌ってたな。🎵でも、やってく~るでしょ~

2018/12/22

あも

真実の愛はどこにある?そこに届くため、暴力や喪失を通過することをしばしば求められる。大切な人を大事にしたいのに上手にできない。大好きな人を抱きしめたいのに手はいつも2本しかない。そもそもそれ以外の方法だって、きちんと見つけなくちゃいけないのに。何度も何度も僕らは間違えてしまう。親子、兄弟、恋人、夫婦、友人。誰かと誰かが今日も愛し憎しみ合って繋がっていく。軽やかに語られるマイジョーとしか言いようのない物語の端々にさりげなく横たわる真実。苦しんで身悶えて、それでも僕らは愛することだけはやめられないということ、

2018/11/29

aquamarine

「林檎」とは全く違う大人の愛の物語。「トロフィーライフ」夫婦なんて元は他人。家族とはなんだ。愛情とはなんだ。今回も作品から舞城氏の吠える声が聞こえてくる。幸福とはそれを感じる人間が定義するものであって、決して他人にどうこう言われる筋合いのものではない。「ドナドナ不要論」これは本当にきつかった。膵臓癌を患った椋子が、夫、愛する娘、実父母とやり取りする様は、現実味がありすぎて泣きたくなった。不条理に癌を与えられ、それでも母で娘で妻でなければならない一人の女。夫視点で飄々と語られるがゆえに痛々しく心に沁みる。→

2018/12/05

ひなげしの花🍬🍭

『私はあなたの瞳の林檎』に続き読了。どれもある事がきっかけで見えてきた身近な家族の本音とぶつかり合いの話だった。「トロフィーワイフ」離婚問題を抱えた姉が他人の家に入り込みその家族を意のままに支配する。姉の考えは全く理解できないし、理屈を並べて姉を追い込む妹もどうかと思うが、妹の旦那さんの言葉が的を得ていた。「ドナドナ不要論」は家族崩壊の危機からの再生の物語。感情の変化の描写がリアルでした。家族って嫌な面もいっぱいあるけれど、それも全部ひっくるめてなあなあの関係で成り立っている運命共同体なのだと思った。

2019/01/31

katsubek

献本を頂戴した前作に続いての舞城本である。前作に比すると、より深まりを感じる。家族の物語というが、そこにとどまらず、人間と人間との関わりといったところまで読み取れる。もちろん、その真ん中にあるのは、家族のかたちなのではあるが。2作を通して舞城の思いを読もうとするが、まだまだ茫漠として、掴めない部分が大きい。機会を見て、もう少し探ってみたい作家である。

2019/01/31

感想・レビューをもっと見る