読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神は細部に宿るのよ(5) (ワイドKC)

神は細部に宿るのよ(5) (ワイドKC)

神は細部に宿るのよ(5) (ワイドKC)

作家
久世番子
出版社
講談社
発売日
2018-10-12
ISBN
9784065135266
amazonで購入する Kindle版を購入する

神は細部に宿るのよ(5) (ワイドKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユズル

4巻飛ばしての5巻読み。相変わらずお洒落川下の住人の一人の私ゆえ、のっけからあるあるネタに納得。『スタイリスト私物』のからくり、勉強になります。そして美容室の雑誌問題、泣きたくなるほとにあるあるです?マンガにも描いてある通り、結局ブランド物より、3000円代の代物がえらく使えるもんです。川下住人ながらも、それなりに楽しもうと思います(^ω^)

2018/10/13

きょん

「お洒落川下女子のバイブル」とはいえ、流行が分かる番子さんはせいぜい中流レベルではないかしらと思わなくもない。そして、絶対的な美人は何を着ていても美人って真理だなあ。

2018/10/16

陸抗

作者さんよりも川下の住人なので、こんなおしゃれな服が!?とたまになったり。美容院の雑誌は、あるあるで泣けた。スタイリスト私物には、そんな理由が…。

2018/10/16

ジロリン

3年ぶりのまさかの新巻!…まだ続いてるとは思わなかったがw相変わらずの面白さ。番子さんは、みんなが〈感じていても気付いていない〉事柄を言語化するセンス(と観察力)が抜群なのですな♪下手したら将来は東海林さだおみたいなポジションに着いちゃうかもよ…なんて想像までしてしまうほどの面白さ。番子さんのエッセイマンガにハズレなし(個人の感想ですw)!逆に言うと、失礼ながら「パレス・メイジ」等のストーリーのあるマンガには、どうしても興味が持てないのだが…いや、興味はあるけど買う所まではいかない、というの正確か。

2018/10/17

ミズカ

2015年頃からの「被服」の流行をおさらいするのにちょうどいい。特に今年の冬辺りから街でチュールスカートの着用目撃率が格段に上がった気がする。だけど実店舗でなかなか見つからない!!◯天や◯フーのネットショップでは多少あるのですが、本当に一般化する(実店舗で普通に置かれるようなる)にはあと2年くらい?な気がする。ビッグシルエット、リュック、前後ろ分かりづらい服は一般化してるな〜。来年辺りには6巻読めるかな?その頃には「マスクあるある」が日常に戻っていることを祈ります(2020年3月現在)

2020/03/09

感想・レビューをもっと見る