読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

語りかける身体 看護ケアの現象学 (講談社学術文庫)

語りかける身体 看護ケアの現象学 (講談社学術文庫)

語りかける身体 看護ケアの現象学 (講談社学術文庫)

作家
西村ユミ
鷲田清一
出版社
講談社
発売日
2018-10-12
ISBN
9784065135303
amazonで購入する Kindle版を購入する

語りかける身体 看護ケアの現象学 (講談社学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

意識はことばによって規定されるとすれば、植物状態とは意識がない状態なのか?看護師である著者がとった方法は、現象学であった。それも植物状態の患者を受け持つ新卒のA看護師の経験を、彼女との対話を通して得た言葉から着想を得るという方法。言葉を発しない患者との疎通性を「視線が絡む」「手の感触が残る」「雰囲気をつかむ」という経験から出た言葉とし、メルロ=ポンティのいう「身体化された知性」を具現化することに至る。卒論を加筆して作成した本書も、読者と著者との対話で醸成された知を生み出す。これもまた現象学に他ならない。

2021/05/06

chanvesa

「植物状態患者との意識的な層における交流が絶たれてなお患者に関わり続ける看護師に、前意識的な層を垣間見る機会が訪れ、この隠れた層へと導かれるのである。」(155頁)死んだ祖母は認知症で病院に収容されたが、元気な時とのギャップ大きく、見舞いにもほとんど行かなかった。今でも後悔している。祖母に世話になったというおばさんが頻繁に見舞いに来ていて、認知症ではないと言っていたことを思い出す。「『私』と他者である相手とが未分化な原初的地層における近く経験」(161頁)にコミュニケーションの本質的な何かがある気がする。

2020/11/17

ごじ

公園で娘が思いっ切り強く木の枝を投げた。他の人に当たりそうになる。「危ねーな。頭おかしいんじゃねぇの?」つい口をついて出そうになる言葉を押し殺しながら、私が尋ねる。「なんでそんなことしたの?」娘が答える。「お月様…」。私の頭の中は「?」でいっぱいになる。ほぼわけがわからない。空に月はないし、先程娘は枝を水平に、横に投げた。上空に向って投げなかった。「お月様って?」娘は、公園のコンクリートの壁に空いた小さな丸い穴を指差した。丸い・・・、お月様・・・、あああ!この穴の中に木の枝を入れて遊びたかったのね!!!

2020/02/28

ネムル

ここで描かれているのは植物状態の人間の看護だが、現象学的な志向性と時間軸は他者との向かい方に対して、色々と応用が出来そう。鷲田清一の著作など色々読み返したくなった。

2019/04/17

shikashika555

打ちのめされながら読んだ。 かつて私は人をこんなに丁寧に見たことはあっただろうか。私のやってきた事とは、やっつけ仕事に過ぎなかったのか。 私自身 対人関係に課題を抱える人間であるから、模範的に開かれた交流というのは無理にしても、それなりに誠実に向き合う努力をし、勉強し、工夫をして人と関わってきた。でも本書で述べられている「関わり」とは そんなものとは数次元の隔たりがあるのだ。 人間 というものに向かう時の根本的な立ち位置や視座が全く違うのだ。

2019/01/12

感想・レビューをもっと見る