読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

センゴク権兵衛(13) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク権兵衛(13) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク権兵衛(13) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
宮下英樹
出版社
講談社
発売日
2018-11-06
ISBN
9784065135600
amazonで購入する Kindle版を購入する

センゴク権兵衛(13) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

如水

仙石権兵衛、己を高めつつ世を見定める…見たいな❓そ〜言えば今迄突っ走った感有ったからなぁ。この時間は必要な時間だったに違い無い、と思いました。それにしても秀吉の壊れて行く様は…必然だったのかなぁ?もしかすると治世になったのが早過ぎた(官僚、奉行がハバ効かせ過ぎ)のかも知れない、とも思ってしまった?そして一番の驚きが表紙❗️あなた誰❓えぇ〜⁉️答えは…本巻で(笑)

2018/11/07

はるわか

焦る勿れ、肩肘張った決意は案外脆いもの。願い叶わぬとすぐに心折れる。決意は静かに、そして徐々に。/乱世の風雲児信長公、乱世の寵児秀吉公、そして我が殿、最も乱世に実直な御仁ー是即ち最も恐ろしき御仁ということか。/ワシゃあ天下人になって弟さえ疑う猜疑の塊になっちまった。

2018/12/04

朱朱

バキとかと一緒で章が変わる度にタイトルが変わるせいで全何巻出てるのか把握が困難だけど数えたら余裕で50超えてた。最新の学説を交えて送る真面目な歴史漫画。権力を得てぼけてきた秀吉擁護にちょっと無理がありつつも長く見てきた分、悲しさもある。次巻からは主人公仙石権兵衛の失地回復、小田原攻め編。

2018/11/14

purupuru555

相変わらす息苦しい展開の連続。個人的には、家康が秀吉との面談の後のセリフが印象深かった。読者はその後の大まかな展開を知っているわけだけど、先のことがわからないこの時点の家康がこれを言えるというのがスゴい。その前の秀吉のやり口の後なだけに余計にそう感じた。他方で、名もなき人々(語弊がある表現かも)の残酷さ、したたかさも相変わらず。

2018/11/07

NoControl

現在の地位や、子供同士が結婚するフラグをたてていることから古田織部と推測される人がでてますな。カバー裏では謎の人物あつかいれされますが。へうげものでの織部をセンゴク調で描くとこんな感じになるんすな。

2018/11/11

感想・レビューをもっと見る