読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)

作家
朝井リョウ
出版社
講談社
発売日
2018-11-15
ISBN
9784065137222
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

絶対に結末を言わないでください。ドラマ「世にも奇妙な物語」を愛する著者が贈る、薄気味悪くて小気味いい、絶品エンタメ5編。

「世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)」のおすすめレビュー

『何者』の朝井リョウが描く“世にも奇妙な物語”——最後のどんでん返しを刮目せよ!

『世にも奇妙な君物語』(朝井リョウ/講談社)

 誰もが知る国民的番組『世にも奇妙な物語』は、最後にゾクッとするオチが付くホラーやミステリーが多く、どちらかといえば“非現実的な”物語である。だから、朝井リョウが『世にも奇妙な物語』を書くと聞いたときには、正直あまりピンとこなかった。彼の描く作品は、今を生きる若者たちの感覚をリアルに切り取る――とても“現実的な”物語だからだ。

 だが、本作『世にも奇妙な君物語(講談社文庫)』(朝井リョウ/講談社)を読み始めると、すぐにそれが杞憂だったのだと気が付く。収録されている5作品で展開される物語は、たしかに普通ではありえない“非現実的な”ものだ。ところが、その題材は、シェアハウス、コミュニケーション能力、ネットニュース…など、あまりも私たちの近くにある“現実”なのである。著者は、“世にも奇妙な物語”というありえない世界のフォーマットを借りて、現実を現実以上に私たちに突き付けてくる。

■住人たちは何を“シェア”しているのか…? とあるシェアハウスに隠された謎

 第1話「シェアハウさない」は、収録作のうち、いちばんミス…

2018/12/25

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

短編集。どの話もどんでん返しのオチで終わる。結末が読めそうで読めない面白さがありました。ご本人は、世にも奇妙な物語が好きで書いたそうですが、あのドラマっぽいのは1作目の『シェアハウさない』かなと思います。第4話『13.5文字しか集中して読めな』が良かったです。ラストの作品は本物の俳優さんたちでイメージしながら読むと楽しいです。

2018/12/19

まりも

ありそうであり得ない奇妙な世界観。これは確かに朝井リョウ版の世にも奇妙な物語だ。どの短編も舞台は現実的なのに設定が現実味が無いというか奇妙そのもので、まるで世にも奇妙な物語を見ているかのような感覚を抱きながらラストまで一気読みしてしまった。予想通りの結末になるものから意外性を感じるものまで、様々な読み応えのある短編たち。テレビと違って文字だけで読者の想像力を刺激してくるので、とても楽しい読書時間を過ごせました。満足。

2019/01/05

小説を最初に書いた人にありがとう

毎回、朝井リョウ作品を読んだ感想で「天才」と書いてきたが、やはり、天才だと書いてしまう。テレビ番組の世にも奇妙な物語のオマージュだが、本家で映像化してほしい珠玉の作品ばかり。特にテレビ好きの自分としては脇役バトルロワイアルは堪らない作品。テレビドラマのあるあるをここまで細かく突っ込めるのは流石。続編も期待します。

2018/11/25

かみぶくろ

さすが直木賞作家は伊達じゃない。現代人の自意識を抉る軽快で秀逸な短編5編。他人の振る舞いや時代の空気に対して、観察眼がとても鋭い。基本的に、君の生きている物語はあくまで君だけの物語ですよ、ってことを皮肉交じりに語っている。主観と客観の出し入れが絶妙で、細部も芸が細かく、作家自身の世の中へのメタ視点がバランスよく反映されている。個人的にかなり好みな作品だった。

2019/03/09

鱒子

むぅぅ、そうきたか!という感じで終始意外なオチに翻弄された短編集。最後の1行まで気が抜けない本でした。

2019/01/25

感想・レビューをもっと見る