読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

盤上に散る (講談社文庫)

盤上に散る (講談社文庫)

盤上に散る (講談社文庫)

作家
塩田武士
出版社
講談社
発売日
2019-01-16
ISBN
9784065137581
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

唯一の家族だった母を亡くした明日香は、遺品の中から一通の出されなかった手紙を見つける。宛名は「林鋭生様」。それが将棋の真剣師の名だと知り、明日香は林を捜すことに。ある対局の後、忽然と姿を消したという男と、母との関係は。昭和を生きた男女の切なさと強さを描いた傑作長編。

盤上に散る (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

塩田 武士は、新作中心に読んでいる作家です。未読の本書の新刊文庫を図書館の新刊コーナーで見つけたので読みました。現在では存在していない?将棋の真剣師の物語、面白くなくはないですが、背表紙に書かれた傑作までのレベルではありません。やはり「盤上のアルファ」を読まないといけないかなぁ。

2019/03/07

るっぴ

母を亡くした明日香は、母が出さなかった手紙の宛名「林鋭生」を捜す話。。将棋の真剣師の林が、胡散臭い。金のためなら、何でもする。真剣師の凄さが手に取るように分かって良かった。最後はいい感じだった。柘植の書き駒、本榧の盤で、一度指してみたいものだ。想像しただけでもゾクゾクする。

2019/02/22

やすべえ

興奮醒めません。一人の真剣師の生き方には父への愛情と届かなかった願いがありそれを叶える為に最後の勝負!脇役達の思いも様々ながら前に進んで行くのも良かったです。順番また間違えましたが”盤上のアルファ”を入手しないといけません。有限は決して無限より悲しいものではない。

2019/02/06

あつし@

「盤上のアルファ」の続編。真剣師林鋭生の生身の人間としての足あとを訳ありの2人の主人公が追いかける物語。塩田さんの過去からくる突然のお笑い系の語り口や新聞記者らしい詳細な記述にもやっと慣れて一気に読み終えた。 駒師という職人についても知れて興味深く読んだ。

2019/02/15

keisuke

前作の内容全く覚えてなかったけどドラマのおかげで入れた。でもそれほどはまらなかった。

2019/02/04

感想・レビューをもっと見る