読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

盤上に散る (講談社文庫)

盤上に散る (講談社文庫)

盤上に散る (講談社文庫)

作家
塩田武士
出版社
講談社
発売日
2019-01-16
ISBN
9784065137581
amazonで購入する Kindle版を購入する

盤上に散る (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

塩田 武士は、新作中心に読んでいる作家です。未読の本書の新刊文庫を図書館の新刊コーナーで見つけたので読みました。現在では存在していない?将棋の真剣師の物語、面白くなくはないですが、背表紙に書かれた傑作までのレベルではありません。やはり「盤上のアルファ」を読まないといけないかなぁ。

2019/03/07

KAZOO

塩田さんの「盤上のアルファ」に続く物語です。主人公は異なりますが前作に出てきた登場人物たちが結構重要な役割などを果たしています。母親を亡くした女性が母親が出さないでいた真剣師あての手紙をもとにその真剣師を捜し歩く物語です。昭和のむかしの大阪の様子がうまく描かれている気がします。最後に作者とテレビで真剣師を演じた私の好きな石橋蓮司さんの対談が楽しめました。

2019/06/09

のり

亡き母の遺品から出されなかった手紙が…宛名は「林鋭生」。新世界の昇り龍の異名をもった将棋の真剣師。伝をたどって捜索するが中々たどり着けない。知人に話を聞くなか、鋭生の過去が明らかになっていく。あまりにも衝撃が強すぎる事実。昭和の時代背景と共に目指した夢と、ならざるを得なかった真剣師。追い求めたものを手に入れる為に…アルファに出てきた彼等も健在でなにより。

2020/03/09

るっぴ

母を亡くした明日香は、母が出さなかった手紙の宛名「林鋭生」を捜す話。。将棋の真剣師の林が、胡散臭い。金のためなら、何でもする。真剣師の凄さが手に取るように分かって良かった。最後はいい感じだった。柘植の書き駒、本榧の盤で、一度指してみたいものだ。想像しただけでもゾクゾクする。

2019/02/22

金吾

盤上のアルファに続いて読みました。前作の登場人物が次々にでできますが、話の進展は冗長に感じました。話はいい話です。

2020/11/17

感想・レビューをもっと見る