読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ながたんと青と-いちかの料理帖-(2) (KC KISS)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(2) (KC KISS)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(2) (KC KISS)

作家
磯谷友紀
出版社
講談社
発売日
2018-12-13
ISBN
9784065139011
amazonで購入する Kindle版を購入する

ながたんと青と-いちかの料理帖-(2) (KC KISS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

penguin-blue

周は婿に入り、料亭「桑の木」の現状を変えようと動き出すが、婿入りの経緯もあって信用されず、いちかとの仲も他人行儀のまま。そんな中、米軍がらみの40人の団体客を受けたことを理由に、料理長が辞めてしまう。店の伝統からそれまで「桑の木」の厨房に立ち入ることを許されなかったいちかがやむを得ずピンチヒッターとして宴を仕切ることになるが…。献立のひとつひとつがちゃんと考えてあることで、いちかのホテルでの経験と合わせてそこまで無理がない感じに収めつつ、なおかつこに難関を何とか乗り切れるように持っていくことができている。

2021/11/02

かおりんご

漫画。女性蔑視が、凄まじい。厨房には、女性は立てないか、、、いち日が前夫を思い出して、涙するところが切ない。料理人たちがいなくなった桑ノ木を、どう再建していくのか、気になります。

2021/11/27

サルビア

周の真意が分からず、今一つ周を信用していないいちかでした。料亭は、何とか良くなりつつあったけれど。そんな中で周が二十の誕生日を迎えたけれど、風邪を引いて寝込んでしまう。看病するいちかでした。二人は、いつ本当の夫婦になるのでしょうか?

2019/01/21

まはな

(kindle購入)朝ドラ的で読んでて続きどうなる??読みたい!!てなってくる。普通の学生な部分も持ちつつ考えてるのか浅はかなのかわからない婿さんにヤキモキしつつ年の差とかいろんなものを超えてがんばれーと続きを楽しみに。

2019/01/16

葉鳥

しいたけのたいたんが美味しそう。交流会で40人のお客さんをもてなすことに。盛り上がっていなかった会席の中、当時まだ珍しかったであろう手巻き寿司を提供したいち日。西洋料理を学んでいるところからも、いち日の意欲や懐古的すぎないところが伺えてとても好感。女性が料理長をしていることが新聞に取り上げられた影響はどうでるか。周との関係も微妙に変化していて今後が楽しみ。

2022/01/15

感想・レビューをもっと見る