読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

どうぶつのかぞく ペンギン はらぺこペンギンのぼうけん

どうぶつのかぞく ペンギン はらぺこペンギンのぼうけん

どうぶつのかぞく ペンギン はらぺこペンギンのぼうけん

作家
吉野万理子
松成真理子
今泉忠明
出版社
講談社
発売日
2018-12-19
ISBN
9784065139066
amazonで購入する Kindle版を購入する

どうぶつのかぞく ペンギン はらぺこペンギンのぼうけん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chiaki

フィクションではあるが、『世界でもっとも大変な子育てをする鳥』とも言われているコウテイペンギンの生態や習性が、ものがたり仕立てで知れる良書。気温マイナス60度にもなる南極大陸で生まれ育つ彼ら。寒さには当然強いという固定観念がありましたが、厳しい寒さから身を守るため仲間と身を寄せ合い生きる様子に驚きました。お腹が空こうとも、ふぶきが吹き荒れようとも卵を温めながらじっとお母さんペンギンの帰りを待つ、お父さんペンギンの姿にも胸が熱くなりました。巣立ちと親ペンギンたちの行方について補足があればもっとよかったかな。

2019/05/27

たけぞー

選定本。皇帝ペンギンのフクフクを通して、赤ちゃんペンギンが成長やペンギンの暮らしを体験していく物語。イラストは、赤ちゃんペンギンのふっくらした毛並みが水彩画で可愛らしく描かれていて、ほっこりする。ペンギンのお父さんは生まれるまでの間飲み食いせず、ただただ、卵を温め続け、産まれたらお腹(?)に貯めておいたご飯をあげたりと過酷な子育てに驚く。気になったのは、章立てがないため、季節の変化や話の変わり目がわかりにくく、急に春になっていたり、両親が旅に出たりと、混乱してしまう点があったこと。

2019/01/14

おはなし会 芽ぶっく 

コウテイペンギンについて、どうぶつの家族を描いています。ノンフィクションではないですが、忠実に描かれていると思います。『おとうさんのあしのうえで』を思い出してしまいました。

2019/05/11

けいねこ

物語仕立てではありますが、ノンフィクションに近いかと思います。キャラクター化されたペンギンも好きだけれど、本当はこんなふうに生きているんだよと、知ってもらうのにいい本。

2019/02/17

メドじゅん

電子書籍版/物語らしく、わかりやすく脚色されていて楽しめました。挿絵もかわいらしくてとても癒されました。ふわっふわのペンギンの子どもは本当にかわいいです!

2020/05/13

感想・レビューをもっと見る