読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

きょうのカプセル (ワイドKC)

きょうのカプセル (ワイドKC)

きょうのカプセル (ワイドKC)

作家
黒田硫黄
出版社
講談社
発売日
2018-11-22
ISBN
9784065140604
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

webアニメーションの原画を完全収録! 【収録作品】『男と女』『空気の娘』『固定ギアでモテモテの巻』『自転車』『映画アンダルシアの夏パンフレット寄稿漫画』『五十嵐大介: 世界の姿を感じるままに寄稿漫画』『イントゥ・ザ・プロトン』『茄子のなりかた』『勉強部屋』『やつらの足音のバラード』『特品ビーム課長』『タイムカプセル』など。

きょうのカプセル (ワイドKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

「niko and ... 」の『であうにあうMOVIE』の中で、菅田将暉演じる漫画原作者の高木が、小松菜奈演じる作画担当・春野に「昔のように筆で描け」と言う場面がある。筆は技巧としての個性よりも、描いた人の気持ちが現れるから、という理由に他ならない。CM内の漫画原稿とアニメの原画を黒田硫黄は担当している。それは、黒田硫黄の漫画が、気持ちを伝えているからだ。と同時に漫画とは、白と黒で成立していることに、改めて気付かされる。黒があるから白が、白があるから黒が映える。(つづく)

2018/12/02

ここ20年弱の未収録作。細い線でも勝負できていた頃の画は、やっぱりいい。どこかで一山当てられていればなあ。

ぐるぐる244

ほぼ同時期に読んでいた「太陽と乙女」森見登美彦の「茄子への開眼」「カレーの魔物」ネタが合体して「茄子のなりかた」になっていて驚いた。たしかに黒田硫黄初読みには向いてなかったかも…

2019/03/09

geromichi

黒田硫黄を初めて読む人には薦められないけれど、楽しかった。1ページほどのものも含んだ雑多な作品集。

2018/11/25

ノベツ

長編を期待してたけど、短編や寄稿漫画を集めたものだった。短編は相変わらずよくわからないけど面白い。不思議な内容とテンポ、力強さが気持ち良い。ネコの話が不気味で大好き。しかし長編とはいわないけど、アップルシードαや SEXY VOICE AND ROBO みたいに映画のようなのが読みたいな。

2019/01/21

感想・レビューをもっと見る