読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

十二人の死にたい子どもたち(3) (アフタヌーンKC)

十二人の死にたい子どもたち(3) (アフタヌーンKC)

十二人の死にたい子どもたち(3) (アフタヌーンKC)

作家
熊倉隆敏
冲方丁
出版社
講談社
発売日
2019-01-07
ISBN
9784065141496
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

十二人それぞれか語る参加の動機。巻き起こる議論。シンジロウが推理するゼロ番の真実──。集団安楽死を目的とした「集い」の行方は果たして……!? 二つの才能が紡ぐ思春期ミステリー、素晴らしい読後感で堂々の完結!! 2019年1月には実写映画も全国ロードショー!

十二人の死にたい子どもたち(3) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

JACK

☆ 自殺志願の子どもたち12人が廃病院に集まった。しかし、そこには既に死体があった。自分たちが殺人の容疑者にされては安心して自殺も出来ない。皆は誰がこの13人目の青年「ゼロ番」を殺したのか推理し、議論していく。論理的な思考で事件を探る者、自分の死で世界を変えたいと主張する者、議論を自分の都合の良い方向に誘導しようとする者、考え無しに発言して場を掻き回す者など、特徴のある登場人物たちの議論に引き込まれます。この推理合戦がとても面白かった。終わり方も秀逸。ぜひ読んでみてほしい作品です。

2019/01/11

毎日が日曜日

★★★★ 面白かった。不妊報酬制度なんてものがあるんだね。

2019/01/08

コリエル

完結。12人12様の死にたい理由があって、子供なだけに理不尽な暴力や、親からの圧力などが原因なキャラもいた。個人的に不思議であり人間の面白いところでもあるのは、一方的な搾取や暴力を否定する理知を持って本作品を書いている原作者の冲方が、事情は当人たちにしか測れない部分はあれども暴力に身を任せる結果となったところだろうか。人は誰しも誤る。だからこそ、全員一致の決議が適うならばとことん納得行くまで話し合うことが出来れば素晴らしいのだろうなと思う。

2019/01/07

NBかえる同盟

やっと入手。その間に原作小説(文庫)読んじまった。そのせいで、「ああ、このシーンをこう描くのね」的な楽しみ方になってしまった。熊倉氏の今後に期待。今回も面白かったのですが、また、もっけとかネクログ方面の作品を描いてくれないかしら?

2019/03/16

ぽへぽへ

完結。「十二人」は密室会話劇のシルシ。ジャンル的に好物だったしこの巻くらいで美しく纏まって良かったと思う

2019/01/24

感想・レビューをもっと見る