読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ライドンキング(1) (シリウスKC)

ライドンキング(1) (シリウスKC)

ライドンキング(1) (シリウスKC)

作家
馬場康誌
出版社
講談社
発売日
2019-01-09
ISBN
9784065142103
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ライドンキング(1) (シリウスKC)」の関連記事

「次にくるマンガ大賞 2019」が決定! コミックス部門『薬屋のひとりごと』 Webマンガ部門『SPY×FAMILY』

 今回で第5回目の開催となる「次にくるマンガ大賞」。8月22日に行われた2019受賞作品発表会では、MCに中倉隆道さん(フリーアナウンサー)と浅野真澄さん(声優)を迎え、「コミックス部門」「Webマンガ部門」それぞれ上位3作品の授賞式が行われました。

 ⇒発表会タイムシフト視聴ページ

 両部門合わせたエントリー総数は4,222作品、投票総数は約28万票と盛り上がりを見せた今回。一体どの作品が大賞を受賞したのでしょうか? 早速結果を見ていきましょう!

  Webマンガ部門

1位『SPY×FAMILY』(遠藤達哉/集英社)

 Webマンガ部門の1位に輝いたのは、少年ジャンプ+で連載中の『SPY×FAMILY』。国家に属するスパイと、彼の任務のために仮初の家族となった娘と妻が巻き起こすホームコメディで、ファンからは「この漫画に人気が出ないなら世の中の方がおかしい!コメディ・アクション・ほっこりが詰まった最高の漫画」といった熱い応援コメントが数多く寄せられており、男女双方さまざまな世代から幅広く支持を得ての結果となりました。今後に期待したい作品です。

  【Web…

2019/8/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

ライドンキング(1) (シリウスKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

大声で言いたい。「惚れてまうやろ〜〜!!」ーープルチノフ大統領の異世界冒険譚コミック。未知の動物に「騎乗」したいというこの男、しかしそれだけでは無く、己の心と価値観に正直です。まじ男前すぎる。もう一回言わせて下さい。「惚れてまうやろ〜〜!!」

2019/06/12

こも 零細企業営業

ヤバイ、最高に面白いwww アスファルトを畳返しするとか、ロ●アのプー●ンへのリスペクトを感じるw

2019/05/02

トラシショウ。

プルジア共和国終身大統領を勤めるプルチノフには特殊な趣味とそれにまつわる苦悩があった。鍛えに鍛えた膂力に充ちた肉体を、その背に乗せるに相応しい乗り物への言わば「騎乗欲」。虎を飼い、ゴリラやライオンなどの猛獣、果ては国家すら乗りこなしてみせた彼は、もうこの世に自分の乗った事のない乗り物がない事、大統領としての激務に疲れていた。ある日テロリスト集団の急襲を余裕で切り抜けた彼は、気が付くととある異世界の洞窟へと転移していた。かくして、現世の最強大統領の異世界での冒険が始まる。ノリノリだな作者(以下コメ欄に余談)

2019/01/10

むっきゅー

読友さんのレビューを見て購入。CMも面白そうだし。本作は、プーチン大統領っぽい人が現代から異世界転移して、剣と魔法の世界で冒険する話。この大統領、あらゆる格闘技をマスターした上、沖縄古武道の経験から気=魔力が凄まじく、素手でオークを倒せるチート野郎。人相が悪いのでよく奴隷商人と間違えられるが、正義感が強く特に児童虐待には容赦なく立ち向かう。それ以上に「騎乗欲」、何かに乗ることが大好きで、珍しい生物を見つけるととにかく騎乗するのが笑える。ライドオーン!大統領が悪いやつを容赦なく殺すのでスカッとしますね。

2019/02/17

sin

最近、異世界逃避がブームの様でこれも同じく逃避?と思っていたが、某□シアのPチン大統領似の主人公が手探りながらも己れの信念に基づいて異世界を満喫する物語!あのお馴染みカレンダーの大統領の勇姿が異世界に炸裂する!

2019/06/29

感想・レビューをもっと見る