読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

次の人、どうぞ!

次の人、どうぞ!

次の人、どうぞ!

作家
酒井順子
出版社
講談社
発売日
2019-01-24
ISBN
9784065144329
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

嫌われる勇気を持つ女性だけが出世する? 老年と中年の母娘旅行はストレス満載? セックスレス不倫に悩む女性が急増中? 「#me too」はセクハラ史を変える? 平成が終わり、新しい時代が始まる今。自ら区切りをつけ、声をあげる女性たちの姿から、私たちの生き方を見直す大人気エッセイ!

次の人、どうぞ! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

四つ葉🌸

『週刊現代』に連載されていたものを書籍化した作品。50本のエッセイが収録されています。若い女性向けの雑誌『アンアン』ヤフーニュースで話題になった時だけはその記事を読むものの、一度も購入した事がない私は、その中身が今やこんな過激になっていた事にビックリ!また「理想の死に方」と言われた85歳で逝去された野村沙知代さんを語ったり、男性アイドルの高齢化から皇室、最近たびたび耳にする「パパ活」「ママ活」まで様々なネタを歯に衣着せぬ勢いでキレキレにぶったぎっていました。世相にうといので色々な事が知れて面白く読めた1冊

2019/02/04

aloha0307

あの衝撃作”負け犬”からもう16年だって👀 以来酒井さん何読めだろう。かつての先鋭さは収斂しつつあるも、独自の視点が数多ありました☺ あの谷川俊太郎さんと駅ホームですれ違った場面「詩とは、自分の気持を外に出したいと思ったときの、最も濃縮された形なのかもしれません」 樹木希林さんは ババア(ずるいところもあれば、情けも深い) を演じられる最後の女優。バアバ とはちょっと違うよね。眠れないときは、漢字の部首シリーズ(にんべん うかんむり とか)別に挙げていく...いいな☺ 羊を数えるより効きそうだね☺

2019/02/16

ゆにこ

週間現代に連載されていた物。最近の時事ネタが沢山。

2019/02/17

こふみ

久しぶりに読んだ酒井さんのエッセイ。見事な切り口にスカッとしました。

2019/03/05

おかむら

週刊現代連載の時事ネタエッセイ。2018年版。もう13冊目になるそう。これと中野翠のサンデー毎日連載エッセイで1年間を振り返るのが恒例なんですが、お二人の年齢や掲載誌の読者層の差で、こちらの方がシモ話が多いのが特徴か。そして週刊誌を読む層の高齢化も感じ取れます。いつまでも書き続けてほしいわ酒井さん。

2019/03/19

感想・レビューをもっと見る