読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ウニヒピリのおしゃべり ほんとうの自分を生きるってどんなこと?

ウニヒピリのおしゃべり ほんとうの自分を生きるってどんなこと?

ウニヒピリのおしゃべり ほんとうの自分を生きるってどんなこと?

作家
吉本ばなな
平良アイリーン
出版社
講談社
発売日
2019-08-21
ISBN
9784065144367
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ウニヒピリのおしゃべり ほんとうの自分を生きるってどんなこと?」のおすすめレビュー

吉本ばななと一緒に見つける「本当の自分」。誰もが持っている潜在意識“ウニヒピリ”とは?

『ウニヒピリのおしゃべり』(吉本ばなな、平良アイリーン/講談社)

「ウニヒピリ」は、ハワイ語で「潜在意識」「内なる子ども(インナーチャイルド)」を意味する言葉。吉本ばななさんがこのウニヒピリをテーマに描く短編小説では、主人公の友人・由美子がウニヒピリのことをこう表現している。

「それは、私の中にいる、昔から、どんなときでもいっしょにいる、小さい女の子。」

 初めて「ウニヒピリ」という言葉を聞いた主人公は、「なんか宗教にでも入った?」「頭は大丈夫?」といぶかしがるが、由美子はそれをやんわり否定してこう続ける。

「私たちがいくら年をとっても、その女の子はお腹の底にいる。そして、いつもないがしろにされてきたから、いつでも淋しがっている。(中略)だから、いつもその子のために、その子が喜ぶものを持って歩いたり、選んだりするだけで、人生の可能性がほぼ無限と言っていいほど広がるのよ。」

『ウニヒピリのおしゃべり』(吉本ばなな、平良アイリーン/講談社)は、自分の中の内なる子ども「ウニヒピリ」と対話することで、“生きやすさ”を目指そうと語る著者ふたりによる対談を中心とした…

2019/9/25

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ウニヒピリのおしゃべり ほんとうの自分を生きるってどんなこと? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kumako

インナーチャイルドであるウニヒピリを慰めて悪い記憶に引きずられないように生きる、でいいのかな? 内容は同意できるものとそうでないものとがあるけれど、このような人生教訓本は色々な種類の物を読んで、自分にとって良いと思う箇所だけ真似していけばいいと思うので参考になりました。クリーニングし過ぎたら自分でなくなるのでは?わたしのウニヒピリが極端に悪だったり繊細だったら嘘や枠で守ってあげないといけないのでは?等の疑問が湧きました。

2020/08/21

sato☆iku

昨年末から旅行先に持って行ったり、眠りにつく前のほんの短い時間に読んだりしながらようやく読了。内容がうまく私の中に入っていないかもしれない💦ウニヒピリ、ホ・オポノポノとはなんぞや?という何の予備知識もないまま本を手に取ったが、読んでいる間ずっと温かいものに包まれているような穏やかな気持ちになった。自分の性格やクセはウニヒピリが保管する記憶によるもの。その記憶をクリーニングすることで自分にとって完璧な情報をインスピレーションとして受け取ることができるとか。今年は自分自身の心と丁寧に向き合っていきたい。

2020/01/02

自分で選んでいくこと、自分の内なる声に耳を傾けることは、大切なこと。自分の心に素直になるとか、心の声を聞こうとか、何となくわかっていたけれど、生きづらい現実。どうしてできないのだろう?、どうして生きづらいのだろう?と思っていた。その「なぜ?」がこの本の中で、対話によって分析されていく。優しくて温かい言葉で。この本を読んでいると、それまで閉じ籠もっていた心が開いてくる。これまでよりも、今を大切にしようと強く思える。未来も明るく感じられる。また読み返して心に留めておきたい一冊。

2019/09/02

青木 ともこ

よく耳にはしていた「ホ・オポノポノ」なるものの内容を、ここでようやく知ることができました。しかし四つの言葉を唱えるとなんでクリーニングすることになるのか、いやクリーニングの意味自体は解るのですが、その言葉に抵抗があるというか。単に好みの問題かもしれませんが、とはいえ、この対談の核の部分には共感だし納得だし、このあたりのことをわたしは仏教から教わっているというだけのことだと思います。ばななさんの言葉が隅々まで冴えていて鋭く、例えや言い換えでさらに深く理解でき、かなり読みごたえがありましたね。いい時間でした。

2020/02/08

ちいこ

何度か読みかけては止めて、を繰り返した。すっ、と入ってこなかったから、途切れとぎれに読んだんだと思う。

2020/02/06

感想・レビューをもっと見る