読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寄生獣リバーシ(2) (アフタヌーンKC)

寄生獣リバーシ(2) (アフタヌーンKC)

寄生獣リバーシ(2) (アフタヌーンKC)

作家
岩明均
太田モアレ
出版社
講談社
発売日
2019-02-13
ISBN
9784065145418
amazonで購入する Kindle版を購入する

寄生獣リバーシ(2) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

なんとあのブーメランパンツ一丁の筋肉ムキムキ五頭さんに先代がいた??しかしそれ以上に驚いたのは実写版だとピアノを弾くとき彼がパン一じゃないことだ!!例の事件、犯人は寄生獣界の快楽殺人鬼«ヒダリー»か!?!?太田モアレ先生の淡白な絵で話が進むも。続きはやはり気になるなあ…。

2019/02/16

カムイ

本編の【寄生獣】のスピンオフ。田宮と広川のメン・イン・ブラック化を計画(笑)刑事はトミー・リー・ジョーンズに当て嵌めて読むとギャグになってしまいました。広川が寄生獣でなく人間なのに地球規模な思想は奢りであってただ単に痛いだけかもしれない。本編の出来が良すぎたのでマッルキリ違うストーリーにしたらワクワク感があったのでは?まぁ最後まで読む読みますけどね。

2021/05/02

JACK

△ 寄生獣のアナザーサイドストーリー。物語は淡々と進む感じ。寄生獣にあった大きなテーマや緊迫感が描かれていない。2巻で大きく展開する事を期待していたが、寄生獣の物語の範囲を全く越えていないし、結局は寄生獣の設定を借りた、安易で薄味な縮小再生産となってしまっている。何が描きたいのか、何のために描いているのかが分からない。期待していただけに落胆が大きかった。

2019/02/18

たー

面白いは面白いけど、それは元がいいからってのは大きい気が…。 違う人がどうせ描くなら、もっと突き抜けていい気がするし、辻褄だって合わなくてもいい気がする。無理やり合わせてこじんまりしてると思うんだよなぁ。主人公と広川目線が大きいからってのはあるけど、そもそもで言うと命とか生きるとかの壮大なテーマがあっての寄生獣でしょ。それが描けてなくて、単に殺す殺されるの話だけだと、テーマが小さくなってるからスケールも小さいし物足りず。アクションもあまりないし。でも原作愛が読むことをやめさせてはくれないのです。

2019/02/13

バッタ屋みどり

女子が残念。

2020/03/24

感想・レビューをもっと見る