読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

不死身の特攻兵(2) (ヤンマガKCスペシャル)

不死身の特攻兵(2) (ヤンマガKCスペシャル)

不死身の特攻兵(2) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
東直輝
鴻上尚史
出版社
講談社
発売日
2019-02-06
ISBN
9784065145623
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

話題の新書、全身全霊のコミカライズ! 飛ぶことが大好きで操縦士となった佐々木友次青年。しかし、配属された万朶隊で課された任務は特攻だった。戦地フィリピンに到着するも体当たり攻撃に反対する隊長・岩本大尉は特攻機から爆弾を落とせるよう秘密裏に画策するのだった───。9回の出撃から生還を果たした佐々木青年の物語、第2巻!

不死身の特攻兵(2) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岩本大尉殿(表紙絵の彼。裏表紙には海軍の関大尉と思われる絵も)隊長の鑑、日本人としても誇らしき男前な人物だと思います。彼のような人がいると部下の士気も団結力も強まると思います。それに引き換え上官の言動には憤りしか感じませんでした。軍隊が絶対服従の世界なのを良いことに人の命を自身の保身や昇格に利用し、航空機のことも現場のことも理解していない、ボンクラが上にいると部下が犠牲になる構図、現代に通ずるかもしれません。

2019/02/11

柏バカ一代

腰巾着が頭だと部下が無駄に死ぬ。人の命を数字にしか思ってない。こんな奴は絶対に最前線になんか行かない。あ〜! 胸糞悪い。

2019/02/06

らなん

録でもない上官のせいで、優秀な人材が無駄死に。最悪、富永恭次。

2019/03/09

感想・レビューをもっと見る