読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アンダーニンジャ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

アンダーニンジャ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

アンダーニンジャ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
花沢健吾
出版社
講談社
発売日
2019-02-06
ISBN
9784065145692
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

かつて栄華を誇った日本の忍者たちは、戦後GHQによって組織を解体させられ消滅した。しかし、実は今でも忍者は秘密裏に存在しており、その数は20万人とも言われている。そして一部の精鋭忍者は国家レベルの争いごとの裏で暗躍していた。一方で、末端の忍者は仕事にありつけないことも多く、その一人・雲隠九郎もニート同然の暮らしをしていた。しかし、そんな九郎のもとについに重大な「忍務」が‥‥!

「アンダーニンジャ(1) (ヤンマガKCスペシャル)」のおすすめレビュー

17歳の“ニート”忍者がパーカー姿で高校に潜入!? 花沢健吾による新・忍者ストーリー開幕

『アンダーニンジャ』(花沢健吾/講談社)

 パーカーが忍装束! 大ヒットした『アイアムアヒーロー』作者の新作が『アンダーニンジャ』(花沢健吾/講談社)だ。

 戦国時代から暗躍し続けてきた忍者が、現代でも存在し続けている物語である。2019年2月に単行本1巻が出たばかりの本作をレビューしていく。

花沢健吾氏の最新作は、忍者が現代でも暗躍する物語

 花沢氏は累計800万部を超える『アイアムアヒーロー』など、インパクトの強い作品を世に送り出してきた。現在は本作と同時に、男性が滅んだ世界を描く『たかが黄昏れ』(小学館)も連載中だ。

 本作の物語は、現代戦においても忍者が恐れられている、という描写から始まる。

 物語では、常に歴史の陰で暗躍し、栄華を誇った日本の忍者。第二次世界大戦では、ドイツの科学力と共に連合軍を悩ませた。戦後GHQによって組織を解体させられ、忍者は消滅した…はずだったが、実は今でも忍者は存在し続けていた。その数はおよそ20万人。これは自衛隊員、警察官と同様の人数である。

 光学迷彩などの最新技術と、伝統的な体術などを組み合わせ、今も忍者は国家レベル…

2019/2/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

アンダーニンジャ(1) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ジロリン

ニンジャは現代まで、その命脈を保っていた!またまたヘンなマンガを始めたもんだ。花澤健吾のマンガを読むと毎回こう言ってる気がするがw リアルな背景をバックに、これまたリアルなキャラクター達が非日常の物語を繰り広げるのが面白いのだろう…藤子不二雄か!笑

2019/02/11

母さんリターンず( -`ω-)b

面白い☺

2019/02/09

Iwata Kentaro

素晴らしい作品。さすがは花沢健吾。あと、主人公のキャラがこれまでのパッシブな人ではなく、かなりアクティブなのは期待大。

2019/02/25

valus_mg

これは面白い。隣の忍者くんの劇画パロディーでありながらシリアス(なにしろ切られてるしw)なストーリーでもあり。この作家ならではだと思う。しかもこのあと学園もの...だよね?超期待。

2019/02/25

毎日が日曜日

★★★

2019/02/16

感想・レビューをもっと見る