読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ブルーストライカー(2) (KCデラックス)

ブルーストライカー(2) (KCデラックス)

ブルーストライカー(2) (KCデラックス)

作家
柴田ヨクサル
沢 真
出版社
講談社
発売日
2019-01-09
ISBN
9784065145869
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

職と妻子を失い生きる目的を失っていた根津田(ねづた)は、他のユーザーとストリートファイトするアプリ「トゥルー・ファイター」をたまたまダウンロードし、青年や美少女のファイターに有無を言わさずボコボコにされる。 美少女ファイターのレセンの家に居候し、「強くなって再びブルーストライカーになること」を新たな目標に据えた根津田だが、その前に「ジュキ」と名乗る危ういオーラをまとう高身長のイケメンが現れた!

ブルーストライカー(2) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

4 新刊読了。一巻の感想で「成長したジュ樹も出てきそう」なんて書いていたが、こんなに早く、こんなポジションで出てくるとは。「『エアマスター』のスピンオフじゃないというところも見せてほしい」とも書いたが、そういうことなら話は別だ。ジュ樹がそのポジションで出てくるなら、スピンオフどころかほぼ続編じゃんか。あの蹴りを見た瞬間、似ているとは思ったが、そのままとは。そういうことなら見たいキャラは無数にいる。美奈子やリーはもういいが、カイや金ちゃん、蓮華や崎山。そして深道。「日本」とは深道なのではないか?さてさて。

2019/01/23

ぷほは

本書を読み終えた日は1月16日、つまり「ヒーローの日」である。TL上はMSUが席巻、国産も頑張れ。とにかく「2019年いますぐ続きを100巻ぶん読みたいマンガ1位」(暫定)にランクインしてしまったので、1巻を売り飛ばしてしまった事に激しく後悔。エアマスターになくてハチワンダイバーにあったものは結局「組織」だったので(深道はあくまで単独犯だし、渺茫は世代交代のシステムに過ぎなかった)、今回はこのへんを掘り下げていきそうな予感。正義の味方と悪の組織。路上の喧嘩。どんな会席料理よりも美味しそうなお子様ランチだ。

2019/01/16

コリエル

スナイパー空手に続いてどんどん出て来るエアマスキャラ。まさかの二世登場。性別がエアマスと変わってるじゃねーか等々理解が追いつかないとこもあるが、トゥルーファイターの上位クラスも少しずつ見えてきてバトルの激化待ったなし。次が楽しみだ。

2019/01/09

Minky

エアマスターのキャラがゾクゾクと!これは展開が楽しみ!

2019/02/11

かやま

最初気付かなかったけど佐伯道場…ジュキ…ハッ みたいな感じでゾクゾクした。これはうれしい。面白いのに本屋5件回ってようやく1冊だけあったのを買ったのでもっと売れてほしい。アマゾンでも品切れで定価の倍くらいになってるし。

2019/01/20

感想・レビューをもっと見る