読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)

潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)

潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)

作家
川瀬七緒
出版社
講談社
発売日
2019-02-15
ISBN
9784065147023
amazonで購入する Kindle版を購入する

潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

川瀬さんの法医昆虫学捜査官シリーズの文庫本最新刊です。今回は東京都のある島での自殺体がミイラ化した状況で発見されます。この主人公コンビがさらにこの島でミイラ死体を5体発見します。なぜミイラ化するのかということがよくわかりました。昆虫の仕業が影響しているということでよくわかりました。またこのような自殺体の背景もうまく描かれている気がしました。

2019/03/05

五右衛門

読了。はい。相変わらず虫たち(今回は外来種のアリ)大活躍でした。いやいや虫を辿っていった主人公の赤堀先生がまたまた大活躍でした。けれど本当に危なっかしいです。今回ももう少し岩楯の到着が遅れていればマジ危なかったです。このシリーズのミステリー要素も楽しみです。最後にすべてが繋がり事件解決。犯人は蟻にでも襲わせれば良いでしょう。スッキリしました。自殺した彼女と彼女の妹は辛かったでしょうが…シリーズ追いかけます。

2021/05/15

はつばあば

おや!赤堀女子が若返ってきているように思うのは真夏の伊豆諸島だからかしら(^^♪。今は猫ブーム。過疎の島?を猫島にしようとしながらネット社会を煽りゴシップと神話で島おこしを目論む青年団。それにしても生きにくい世の中になったものですねぇ。死体の側に虫がいないのも問題だし外国からの蟻さん来日も困りもの。格差社会が与える若い人たちの貧困と自殺願望も。だからこそ内容はいつにも増して冴えている。岩楯さんの赤堀さんへの想いに気がついてないのが微笑ましい。

2019/03/22

sin

でた!虫祭り~、戦慄の登場アカカミアリ!そしてデビュー作『よろずのことに気をつけよ』を彷彿させる木乃伊や島に伝わる民俗学的な因習を絡めた不条理な状況を見事に解き明かしていく手腕が楽しめる。何より毎度お馴染み法医昆虫学者の破天荒なキャラに思わず笑ってしまいます。

2019/03/04

yu

Kindleにて読了。続けざまに読了。今回は離島で見つかったミイラ。ミイラに巣食うアリって、インディ・ジョーンズの世界。。。見たら卒倒しそう。こういうしょうもないクソガキって、本当に腹立つ。ちなみに、今回はウジ虫の出番はものすごい控えめだった。

2019/09/01

感想・レビューをもっと見る