読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マーダーズ

マーダーズ

マーダーズ

作家
長浦京
出版社
講談社
発売日
2019-01-24
ISBN
9784065147276
amazonで購入する Kindle版を購入する

マーダーズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

長浦京さん初読み。殺人者だらけのクライム+サスペンス+ヴァイオレンスで、今まで味わったものとは似て非なるエンタメになっていて凄く面白いと思いつつ、読み辛さも抱えていてページの進みが遅かった。構成も捻りも上手くて、勧めてくれた読友さんに感謝しつつ「なんで、サクサク読めないんだろう?」と疑問も湧いた…きっと、主要人物三人の誰にも共感できなかったからだろう。とは言え、三人で視点を変える語り口はテンポ感あるし、アクションシーンも緊迫感があって充分楽しめた。数作品を読んでみて、著者の独特な魅力の素を探ってみたい♬

2020/09/07

utinopoti27

商社マンと女刑事。彼らは過去にそれぞれ人を殺めていて、弱みを握ったある女から、自殺とされた母親の本当の死因を調査するよう要求される・・何とも現実離れした設定だ。それにしても本作は圧倒的に読み辛い。雑多な登場人物相互の関係性が込み入っているうえに、個々の背景描写が浅いため、クライムノベルに不可欠なカタルシスが得られにくくなっている。ただ、犯罪認知の網に漏れ、のうのうと生きる殺人者を自ら裁く「自己流の正義」が横行するカオスな世界観は、ある意味シュールと言えなくもない。読み手を選ぶタイプの作品ということか。

2019/08/19

モルク

商社に勤務する阿久津と刑事の敦子は玲美というハーフの女性から18年前の母の死の真相と行方不明の姉を探すように強要される。二人には強要されるだけの誰にも知られてないはずの過去があり、玲美はその証拠を握っていた…。次々と命を狙う者が登場しテンポよく目が離せない。それ故に登場人物が多く敵の把握が難しい。会社ではむしろ目立たぬ感じの阿久津が身軽でやたらと強い。そして連続殺人者である阿久津がなぜか憎めない。協力関係にある3人の微妙な駆引きやしたたかさも垣間見えて面白い。序盤は読みにくさも感じたが、後半は一気読み。

2019/12/30

のぶ

何とも辛い読書だった。話の本筋はストーカに襲われる柚木玲美を助けた阿久津清春が、母の死の真相と行方不明の姉の捜索を依頼する。それに対して刑事の則本敦子をパートナーに真相を探っていくというものだが、とにかく登場人物や周辺の関係者が非常に多くてそれらの人物の抱える事情が複雑で、その上に多くの人が死ぬ。人物関係が整理できない状況でストーリーが進むので、読んでいて混乱する。読み手によってはクライムノベルとして、評価する人もいると思うが、自分には合わなかったようだ。

2019/05/02

タカユキ

現実に、こんな人がいるかもという印象が残る物語。自分や他人に危害を加える人間なら殺してもかまわないという思想に取りつかれた一種の殺人鬼たち。連続殺人を犯しながら、一切知られる事なく生きてきた商社マンの主人公が見ず知らずの女から犯罪証拠をネタに脅され、自分とは無関係な事件の調査を強制される。事件は二転三転し、ただの犯人犯人探しでは終わらない。主人公を含めて登場人物の全てが狂っていると強く感じるのに、いつの間にか主人公を応援してしまった。荒唐無稽なのに迫力があるリアリティー。夢中になってしまった!

2019/09/04

感想・レビューをもっと見る