読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

作家
ウォルター・アイザックソン
井口耕二
出版社
講談社
発売日
2019-10-10
ISBN
9784065147382
amazonで購入する Kindle版を購入する

イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かんやん

軍や研究所が独占していた巨大電算機(タイムシェアリングされる)からPCへ。カウンターカルチャー(ドラッグ、ロック、ヒッピーetc)、つまり権威や中央への反抗とPCの概念は密接に関わっていたとは、知らなかった。アイデアを共有する(盗む?)オープンなハッカー文化は、しかしゲイツやジョブズのような(強欲な?)ビジネスマンの登場により廃れてゆく。PC化がビジネスツールとしてのソフト開発を促す一方で、インターネットは電子メールや掲示板などオンライン上のコミュニケーションツールを生み出す。…そして悪事に使われる。

2019/12/07

ぬぬよよ

下巻の方が面白かったです。アップルについては既知の内容でしたが、ウィキペディア等は初めて知る内容で後半は一気に読みました。

2020/04/15

isao_key

Ⅱではパーソナル・コンピュータの出現、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、ジミー・ウェルズ、ラリー・ペイジなど一般的に名の知れた人たちの業績がよくわかる内容。ゲイツがIBMとの交渉で「当社が作れるものは何でも使ってください」と大見えを切ったが、その実まだ何も作っていなかった。ペイジとフリンは重要度によるランキングのついたページのインデックスがあれば、質の高い検索エンジンが作れるのではないかと考え、これがグーグルの原点になった。インターネットが誰でも無料で使えるのは本書で紹介されている人たちのおかげである。

2020/02/08

Gamemaker_K

途中から一気に加速して進化している様子が、文字を追いかけながら体感できる本。でも登場人物は、やっぱりみんなただじゃないくらい頭のいい人ばかりだったな。あとはこんなものが欲しい、と思ったことを形にするまでの根気強さだろうね。こんなだったらいいのになあ、なんて四六時中思ってるから。

2020/02/27

田中峰和

ビル・ゲイツにはポール・アレン、スティーブ・ジョブズにはウォズニアックがいて、天才にブレークをかける役割を果たした。運動神経の鈍そうなゲイツだが、運転に関してはスピード狂だった。スピード違反で逮捕されたときの写真が掲載されているが、小学生のようは風貌で満面の笑みを浮かべて無気味。マイクロソフトチーム10人との集合写真に写るゲイツは、むさくるしいヒッピー集団のなかで唯一の未成年者のようだ、アップルのOSをゲイツに依頼しなかったのは正解で、その後のハイセンスな高価格路線につながった。二人とも金銭欲は強かった。

2020/04/24

感想・レビューをもっと見る