読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

渡くんの××が崩壊寸前(7) (ヤンマガKCスペシャル)

渡くんの××が崩壊寸前(7) (ヤンマガKCスペシャル)

渡くんの××が崩壊寸前(7) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
鳴見なる
出版社
講談社
発売日
2019-03-06
ISBN
9784065148051
amazonで購入する Kindle版を購入する

渡くんの××が崩壊寸前(7) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

石原母から彼女との交際を牽制されて迷走してゆく直人…という展開に頭を抱えましたが、どうにか軌道修正はできそうな気配。真輝奈が空回り気味なのは相変わらずとして、何事かあったらしい紗月との関係がどうなるか気になる終わり方ですね。

2019/03/09

うに

初登場の時に抱いた印象と違って紫の母親が単なる過保護ではなく、ある程度理解のある真っ当な人物で意外だった。一方、渡くんは段々(元々?)と迷走していってる気が・・作品タイトルのXXに当てはまる文字って「精神」なのでは?w そして後半、紗月がいきなりの! 次巻が楽しみです

2019/03/16

コリエル

石原さんがサイコなりにいい彼女になろうと頑張っているが、予告に不穏なことしか書いてねえ。しかし、病み路線がウケたのか石原さんメインで話が進行しているようにも見えるし、結末が読めないなあ。

2019/03/08

玉瑛

今回もずっしり重かった。渡くんに突き刺さる境遇に母親の重い思いまで加わってもう大変。次の回でさらに悪化するとか恐ろしい。あと隠れ小泉さんを探せ!

2019/03/15

リフル

★★☆☆☆

2020/09/12

感想・レビューをもっと見る