読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

二度寝とは、遠くにありて想うもの (講談社文庫)

二度寝とは、遠くにありて想うもの (講談社文庫)

二度寝とは、遠くにありて想うもの (講談社文庫)

作家
津村記久子
出版社
講談社
発売日
2019-03-15
ISBN
9784065149881
amazonで購入する Kindle版を購入する

二度寝とは、遠くにありて想うもの (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

津村さんのエッセイ集だが、自分は津村さんの事をよく知らない。芥川賞作家だというくらいの知識で、小説は読んだことがない。いろいろなところで掲載されているものを集めてきていると思われるので、テーマは様々で、気軽に読めるものもあったが、とても難しい内容を書いている部分もあり、流石、芥川賞作家だと思わせてくれる部分もあった。文章はしっかりしていて、数ページ程度のエッセイも味わい深いものだった。いろいろ入っている中で「素人展覧会」と題された、美術展鑑賞記が特に面白かった。

2019/05/14

優希

面白くてサクサク読めます。しょっぱなから布団に話しかけているのには笑えました。日常の細々とした当たり前のことに楽しみを見出す力は流石です。

2019/07/30

佐島楓

ストレスのなかを創意工夫してかいくぐっていかれる様子が共感できた。専業になられたということで、大変だと思いますが、これからも頑張ってください。

2019/03/20

ユメ

津村さんのエッセイを読むと、日常の中の細々とした楽しみに向ける眼差しに共感したり、社会の中で生きることに対する真摯な考察に深く感じ入ったりする。前者に関して言えば、私も文具やスポーツ観戦が好きなので、勝手に同士と出会ったような気分だ。まさか、作家さんのエッセイで神戸INK物語の名を目にするとは。後者に関しては、殊に家族にまつわる文章に考えさせられた。血縁に対する思いはなかなか表立って口にすることができず、自分ひとりで抱えるほかないのだが、こうして言葉にしてくれる人がいることでいくらか救われる気がしている。

2019/07/16

saga

表題のエッセイがでてこない! そんなトリッキーなタイトルに笑える。芥川賞作家とは、このような視点と思考の展開ができるものなんだと感心し、やはり文筆業を生業にできる選ばれし人だと思った。「幸せになれないということ」で職場いじめを題材にしているが、他人事ではなく、結論に留飲の下がる思いだ。

2019/08/17

感想・レビューをもっと見る