読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

孤道 (講談社文庫)

孤道 (講談社文庫)

孤道 (講談社文庫)

作家
内田康夫
出版社
講談社
発売日
2019-03-15
ISBN
9784065149966
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

盗まれた牛馬童子の首が、不可解な殺人を招く。「熊野古道」が結ぶ大いなるミステリーに浅見光彦が挑む! 最後の浅見シリーズ。

孤道 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

内田さんの絶筆がその後をサポートした人とのコラボレーションで文庫版2冊ということで出版されました。熊野古道がらみの話が続くと思ったのですが、どちらかというと殺された不動産管理会社の主人公の祖父の話が現在まで続いてそれをノートに書き記していたということでそこが中心になっている気がしました。私はむかしの古墳の話など嫌いではないので結構面白さがあると感じますが、好き嫌いが若干別れるかもしれません。

2019/03/18

感想・レビューをもっと見る