読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チェーザレ 破壊の創造者(12) (KCデラックス)

チェーザレ 破壊の創造者(12) (KCデラックス)

チェーザレ 破壊の創造者(12) (KCデラックス)

作家
惣領冬実
出版社
講談社
発売日
2019-06-21
ISBN
9784065150924
amazonで購入する Kindle版を購入する

チェーザレ 破壊の創造者(12) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ツン

おもしろいけど、次の巻がいつになるのかわからない。。

2019/07/01

星落秋風五丈原

教皇が倒れていよいよ教皇選挙(コンクラーベ)開始が始まる。というわけで、本巻は若者達の青春群像ではなく、おっさんの群像劇が大半を占める。主人公アンジェロをチェーザレとではなくメディチ枢機卿と共にいる設定にしたため、数日間続く教皇選挙の内幕を垣間見ることができる。聖職売買が行われ、劣勢だったロドリーゴ・ボルジア枢機卿が巻き返してまさかの教皇誕生に至るわけだが、その息子チェーザレは「教皇庁をぶっ壊す」と宣言。中から壊すか、外から壊すか。後の彼は後者を取るが、それは内からの改革の限界を感じたからなのか。

2019/06/23

buchipanda3

久々の続刊に歓喜。前巻での流れそのままにボルジアとメディチの対立軸が決定的に。さらにその状況下でコンクラーベ(教皇選)が実施される事態となる。教皇選ってこんな風に行われるんだと興味津々で読んだ。しかも腹の探り合いをするロドリーゴ・ボルジアとローヴェレの争いの中、それぞれの陣営にまだまだひと悶着ありそうな感じが…。緊迫するナポリ情勢で「乾麺は固茹でに限る」(注記付き)には吹いた。ジョヴァンニは前回に続いて何気に片鱗を見せているのか。そしてチェーザレの思惑も楽しみ。あとルクレツィアも気になる。

2019/06/23

リラコ

全て手書きという珠玉の作品。とはいえ間隔が....。コンクラーベの開始。日本なら北条早雲が小田原城攻めをしていた頃。投票は記名式、皆の前で読み上げ。キツイな。そりゃ政局にもなるわ。でも間隔が開いているせいか、メディチ家の微妙な立ち位置は伝わったけど、教皇になる熱意、権力欲等の根拠を忘れていた。この先は怒涛の展開なのか?ボルジアのお家芸をどのように描くのか。ミゲルの手は汚れていくのか。アンジェロが語り部として老いていくのか。次巻が出るまでの根比べであることよ。

2019/09/24

りー

11巻から間があったので、なんだっけ?と、ゴソゴソ。そうでした。歴史に残るボルジアvsローヴェレ・・・コンクラーベ(教皇選)が始まるのでした。圧倒的な取材量に基づいて描かれる一コマ一コマに終始感嘆。教皇選が行われる王者の間に入っていく枢機卿たちの列を真上から描いたコマ、システィーナ礼拝堂のコマとか、ローマの街並みなど、凄い情報量です。今までぼんやり頭の中にあったものが映像化されてる!教皇選の投票用紙まで描いてくれてる!なんて素晴らしいんだ。続きを。早く続きをー。でもこのクォリティじゃ、無理かー(´□`;)

2019/06/21

感想・レビューをもっと見る