読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫)

ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫)

ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫)

作家
日本推理作家協会
大石直紀
永嶋恵美
秋吉理香子
日野草
榊林 銘
小林由香
大沢在昌
若竹七海
出版社
講談社
発売日
2019-04-16
ISBN
9784065151044
amazonで購入する

ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ピロ麻呂

秋吉理香子「リケジョの婚活」がおもしろかった。ナイナイお見合い大作戦が元ネタやね!「婚活中毒」収録作だそう。小林由香「サイレン」は「ジャッジメント」にて既読済。「十五秒」がなかなか斬新でよかった(^^)

2019/05/02

tamako_black

どれも面白かった。若竹七海以外は初めての作家さんばかり。おばあちゃんといっしょに騙され、15秒では手に汗握り、サイレンでは考えさせられた。どの作家も他の作品が読みたくなった。オムニバスは、作家の幅を広げてくれるからいい。

2019/05/19

ゆい

8人の作家による短編集、ババ抜き、リケジョの婚活、サイレンが個人的好みでした。1番好みだったサイレンのあらすじを少しだけ… 復讐法という法律が制定。19歳の少年に4日間に渡り暴行をされて殺された息子。父親は復讐法を望み自らの手で、少年が息子を殺したように4日間をかけて少年を殺すことを志願する。法律で可能となった復讐による殺人。父親の葛藤。終わり方もすごくよくまとまっていて感慨深い作品でした。

2020/05/03

snsk

出張行くので移動の間読もうと借りてみたものの出張行く前にあっという間に読み終わってしまった。アンソロジーは当たり外れありながらも新しい出会いがあって面白いものだけど、今回は当たりが多かった。 ババ抜き、15秒あたりは個人的に好き。

2019/11/14

いま

ミステリー短編集。怖い作品はなかったが一部、痛そうな描写がある作品がある。「十五秒」は初期設定が「静かな炎天」は最後のオチとそこまでの振りが面白かった。特に「十五秒」の榊林銘作品は読んでみたいと思った。

2019/04/29

感想・レビューをもっと見る