読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

余物語 (講談社BOX)

余物語 (講談社BOX)

余物語 (講談社BOX)

作家
西尾維新
VOFAN
出版社
講談社
発売日
2019-04-17
ISBN
9784065152256
amazonで購入する Kindle版を購入する

余物語 (講談社BOX) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

本日、第三弾!!! 西尾 維新は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。物語シリーズも読み続けています。本書は、児童虐待余接物語でした。「現代の怪異!怪異!怪異!こんなにも、手に余る怪異になろうとは! 」と言う程、怪異はありません。 http://kodansha-box.jp/topics/nishio/index.html?&_ga=2.32551485.2039436079.1559218676-818237274.1559218676#amarimonogatari

2019/05/30

ゼロ

児童虐待の専門家である阿良々木暦は、老倉育を経由して家住准教授から相談を受ける。「私は3歳になる自分の娘を虐待しているの。どうか助けて」。モンスターシーズン2作目も宵物語に続き、児童虐待ものとなっています。怪異が事件に絡んできますが、本質は両親の闇です。両親から歪な愛情を注がれた子供は、まともな大人にはなれないよね…というお話です。斧乃木余接とバディを組み、事件を解決しますが、代償として阿良々木家から追放されます。短編のよつぎシャドウは、撫子と親密になった余接は、専門家として行動を開始します。

2019/07/06

nayu

今度はホラーサスペンスか。      すっかりナイスバディとなった阿良々木斧乃木コンビ。     新ファッションの斧乃木ちゃんは可愛いですね。   

2019/08/20

りんご

一つ目が阿良々木が大学の教授に頼まれて児童虐待の相談に乗る話。宵物語でも児童虐待の話だったので二番煎じ感もあったが、今回の話は児童虐待をする加害者の立場からの話。シミュレーションでは理想を追わなきゃ現実が酷くなる一方。とはいえあまり後味のいい話ではなかった。ただ阿良々木と余接の会話とか、羽川の登場は面白かった。でも戦場ヶ原が出なくて残念。二つ目が撫子が蛇がらみの怪異の相談に乗る話。余接と撫子が仲良くて微笑ましい。撫子の成長が見られる話で、これからが気になる。

2019/05/14

銀の星

読了。モンスターシーズン第3弾という事で、うん…今回は微妙だったかな。 憑物語が余接を阿良々木君の家に居候させることによって実質無力化させる話だったように、今回は阿良々木君の家から退散させることによる「何か」を誘発させる為の話なのかな? そこにモンスターシーズン全体のテーマが隠されているのか期待したいです。今回は余物語という事で、遂に遂に!余接について掘り下げがあるのか!と期待していたのですが正直肩透かしだったことは否めない。良くも悪くもいつも通りだったから残念かな。それに反して前巻から→

2019/04/23

感想・レビューをもっと見る