読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

進撃の巨人 果てに咲く薔薇(下) (KCデラックス)

進撃の巨人 果てに咲く薔薇(下) (KCデラックス)

進撃の巨人 果てに咲く薔薇(下) (KCデラックス)

作家
紅玉いづき
KODANSHA USA PUBLISHING
諫山創
出版社
講談社
発売日
2019-04-09
ISBN
9784065153482
amazonで購入する Kindle版を購入する

進撃の巨人 果てに咲く薔薇(下) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yosa

お約束な展開が多く、妙にハリウッド的で、これが紅玉いづきなのか? と疑問に感じましたが、なるほど、これは私の勘違いで、要は原作ありきの翻案なんですね。原作よく知らないんでアレですが、そうとわかればそれなりに面白いし、なにしろ主人公は戦うヒロインだから、これはもう作者の掌の内だ。しかし直前に紅玉作品の結晶みたいな物語を読んでしまったものだから、色々と物足りない。不純物が多くて、輝きを見出せない。進撃の巨人をきちんと読んでいれば感想も変わるのでしょうが、ただの紅玉いづきファンであれば優先順位は下げていいかと。

2020/03/15

上下巻合わせたらそれなりのボリュームだと思うけど、あっさり読み終わってしまった。 アニメという媒体が前提にあるから想像が捗るのかもしれません。 この作品も映像化しやすそうですね?小説逆輸入からのアニメ化でやり返すとかどうですかね? 舞台裏であったかもしれない駐屯兵団のお話、完全無欠のハッピーエンドとはいきませんが、司令の締めもいい感じにまとまったのでは、と思います。

2019/04/08

久遠の縁

ラブストーリーだった。

2019/05/31

感想・レビューをもっと見る