読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)

作家
小熊英二
出版社
講談社
発売日
2019-07-17
ISBN
9784065154298
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

いま、日本社会は停滞の渦中にある。その原因のひとつが「労働環境の硬直化・悪化」だ。長時間労働のわりに生産性が低く、人材の流動性も低く、正社員と非正規労働者のあいだの賃金格差は拡大している。 こうした背景を受け「働き方改革」が唱えられ始めるも、日本社会が歴史的に作り上げてきた「慣習(しくみ)」が私たちを呪縛する。 新卒一括採用、定期人事異動、定年制などの特徴を持つ「社会のしくみ」=「日本型雇用」は、なぜ誕生し、いかなる経緯で他の先進国とは異なる独自のシステムとして社会に根付いたのか? 本書では、日本の雇用、教育、社会保障、政治、アイデンティティ、ライフスタイルまで規定している「社会のしくみ」を、データと歴史を駆使して解明する。【本書の構成】第1章 日本社会の「3つの生き方」第2章 日本の働き方、世界の働き方第3章 歴史のはたらき第4章 「日本型雇用」の起源第5章 慣行の形成第6章 民主化と「社員の平等」第7章 高度成長と「職能資格」第8章 「一億総中流」から「新たな二重構造」へ終章 「社会のしくみ」と「正義」のありか

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓@勉強中

労働史を概観することでこの国の雇用のしくみを読み解くもの。先行研究を多く参照し、データを使いながらシャープな論理を展開している。新書で約600ページとかなりの分量なので本当に興味のある方しか手に取れないかと思うが、欧米との雇用形態の比較もあるため、しっかりとした知見を身につけたい方におすすめしたい。

2019/07/20

さとうしん

何を学んだかが重要でない学歴(学校歴)重視、一つの組織での勤続年数の重視(年功序列)、日本企業におけるこの二つの特徴が歴史的にどのように形成されてきたのか、アメリカとドイツを比較対象にして論じていく。大企業型・地元型・残余型の日本の雇用・労働の三類型のうち、大企業型が締める割合は実はバブル崩壊を経てもそれほど変化していない、団塊二世の就職難は一九八五年の時点で予測されていたなど、ロスジェネ世代にとっては辛い指摘が多い。

2019/07/26

ふぇるけん

最近問題になっている新卒一括採用や定期人事異動などの雇用慣行。世界で日本だけのシステムがどのような背景から生まれたのか、詳細なデータから抽出された著者の考察は一読に値する。新卒一括採用は急激な西洋化に伴う行政の人材不足を補うために旧帝大の卒業生を青田買いしたところから始まった。今の日本のシステムが制度疲労を起こしているのは確かだが、どのように解決するか。答えは見つからないが、時代背景や当時の状況を理解することはとても役立つと思う。サービス精神が旺盛なのか、ボリュームが多すぎな感もがあるが。

2019/07/21

ぷほは

アジア研究などで言われる「圧縮された近代」論のバリエーションとして読めた。それにしても「しくみ」という表現をチョイスしたセンスは社会学者にしか判らない苦慮があるように思える。構造と実践の中間に慣習を置いたのはブルデューだったが、意識と制度の間や双方のパッケージには常に社会学者たちはいろんな用語を当てはめてきた。言説やゼマンティクなどでは文化論ぽくなるので言及しないのもよくわかる一方で、参考文献に佐藤俊樹『近代・組織・資本主義』がないことや、重引が多いことにも「歴史社会学」としての拘りのなさを感じさせた。

2019/08/18

Asakura Arata

大卒者の一斉採用、年功序列、カイシャとムラ、相部屋での集団職務などの成り立ちがわかる。これらはいずれも西洋諸国に追いつくための急場凌ぎのやり方で、しかも軍隊組織を参考にしていた。現在そのしわ寄せがいろんなところで出ている。しかしこの古い慣習が今だに改まらないのは、このやり方のほうが楽と感じる人が多いのだろう。一度カイシャに属してしまえば、自分の持っている腕をあげる必要はあまりないし。しかし今後この慣習は、「残余型」の増加によって変わらざるを得なくなるかもしれない。現に部分的に変わり始めていると思われる。

2019/07/30

感想・レビューをもっと見る