読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

烏に単は似合わない(2) (イブニングKC)

烏に単は似合わない(2) (イブニングKC)

烏に単は似合わない(2) (イブニングKC)

作家
阿部智里
松崎夏未
出版社
講談社
発売日
2019-05-07
ISBN
9784065155264
amazonで購入する Kindle版を購入する

烏に単は似合わない(2) (イブニングKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まふぃん

宮中の女のドロドロした人間関係が見れます~😅

2020/09/04

にぃと

原作よりドキドキというかドロドロ感がある。慣れてない身としては胃に悪い。原作終盤で明かされた部分がこのマンガでは伏線になってて、作品の雰囲気がサスペンス調になってるのも恐ろしさに拍車をかけてる。マンガオリジナルの部分が上手くできてる。 雪哉や澄尾といったキャラクターの出番も原作より多い。これは次作のコミカライズにも期待していいんです?

2020/05/06

うさぎや

現れない若宮、立て続けに起きる不穏な出来事、あからさまになる権力闘争……こわいこわい……。あとチビ雪哉かわいい。

2019/05/12

アポめろ

原作は何回か読み直しているけれど、4人のそれぞれの思惑や家同士の関係性が絡んでくるので徐々に混乱してくる。4人の本当の思いや結末を知っているから、ある意味本当に怖い人については、うすら寒い思いをしながら読んでしまう。あせびは、しょうがないけれども何も知りません、という風なのが周りをいら立たせてしまうのはわかる気がする。真諸の薄は美しくて心の純粋さを感じるし、浜木綿はやはりかっこいい。白珠は最も家の命運を背負っていて怖い。真諸の薄「着物大事になさい」

2021/03/08

刹希

ギスギスした雰囲気が強くなってきました。後半の白珠が怖い!やっぱり宮中のお姫様の話なので七夕の時の四家の衣装にうっとり。これは漫画ならではの楽しみ方ですね。真赭の真っ直ぐさとちゃんと早桃のこれからを考えて反省してどうにかしなくちゃと思う所が好き。

2020/03/03

感想・レビューをもっと見る